テキストマイニング分析


特許分析をする上で特許テキストマイニング機能によるクラスタリング以外にも、特許出願人、特許発明者、特許分類といった書誌の観点から特許検索結果結果を検討することが有益な場合がしばしばあります。また、特許出願人や特許発明者の分布から重要な知見が得られることもめずらしくありません。パテント・インテグレーションは各特許文献の分布に特許出願人や特許発明者の分布を重ねて見ることができます。

特許出願人による特許分析

コントロール「クラスタ」タブの「出願人」タブをクリックします。すると、可視化された特許検索結果の特許出願人が上位特許出願人から順に並べて表示されます。特許出願人毎に自由に配色することができます。

また、出願人数が多い場合には(例えば、分布図から見つけた)配色したい特許出願人名を探すのに手間がかかります。その場合は、コントロール上部に配置された「検索入力欄」に検索したい特許出願人名(部分一致)を入力することにより一覧表示された特許出願人から目的の特許出願人を絞り込むことができます。

特許発明者による特許分析

特許出願人と同様に、可視化された特許検索結果に含まれる特許発明者の観点からも配色することができます;

特許分類などの種々の分類の分布状況と比較する

クラスタ、特許出願人、特許発明者などに基づいて配色された分布図を、特許分類などの分布と比較することができます。まず、「分類」タブをクリックしてください。すると、「重要語」、「特許分類」、「文献番号」のタブが表示されます。

重要語の特許分布分析

重要語は、特許テキストマイニング機能による特許分析により得られた各特許文献に関連する「関連語」を件数毎にランキング表示したものです。例えば「product」という関連語を含む特許文献がどのように分布しているか知りたい場合には、リストから「product」をクリックします。すると、関連語「product」を含む特許文献の横に「旗」が表示されます。

重要語の可視化は、分布している特許文献が大まかにどういった内容毎にまとまって分布しているかを理解するのに役立ちます。なぜなら、似ている特許文献は共通する関連語を含んでいる可能性が高いためです。例えば、今回の検索結果の場合は「この分布図の左上には製品関係の特許文献が分布している」と特許群を分析できます。

重要語も一覧から部分一致検索することができます。

特許分類の分布分析

重要語と同様に、各特許文献の含む特許分類に応じてそれぞれの特許文献に旗を立てることもできます。

もちろん、各特許分類のさまざまな階層(セクション、クラス・・・)に基づいて旗を立てることができます。

このとき、特許分類の定義を知りたい場合が想定されると思います。その場合は、「分類解説」ボタンを押下した状態で分類をクリックすると特許分類の解説を階層的に表示させることができます。これにより、特許分類の分布をヒントに特許文献の分布状況を理解することができます。

特許文献番号(公開特許番号、登録番号)

例えば、ある特許文献番号がどこにプロットされているか知りたい場合があると思います。その場合、文献番号タブから特許文献番号を探してクリックすることにより旗が立ち、可視化された特許群のどこに位置しているかをすぐに見つけることができます。

なお、文献番号を部分一致検索により絞り込むことができます。例えば、428で絞り込んでみました;

特許テキストマイニング機能の高度な使い方

重要語、特許分類、特許文献番号をそれぞれ組み合わせて旗を立てることもできます。この場合、関連語として「strap」を含みかつFI分類セクション「A42B1」に属する文献に旗が立ちます。これにより、多角的な特許分析を効率化することができます。

特許検索方法 入門編

特許検索方法 初級編

特許検索機能(特許データベース)

特許分析機能

[[]]