特許価値評価指標 PIスコア


PIスコアは、弊社独自のテキストマイニング技術を応用し、特許請求の範囲が広いほど高得点になるように点数付けしたスコアです。 近年、特許の価値評価指標として特許間の引用関係などを中心とした評価指標が注目を集めています。

引用回数は技術の重要性を評価する指標としては正しいでしょう。しかし、特許権の経済的価値と、対象とする技術の価値とは必ずしも一致しないことはよく知られています。残念ながらマイルストーン的な大発明は本格的な普及を目前に権利の有効期限が切れてしまうことがよくあります。例えば、ネオジム磁石などはその一例となるでしょう。

一方、PIスコアは純粋に各特許間の権利範囲の広さを相対的に評価した指標に相当します。つまり、「上位概念の特許は必ず下位概念の特許より価値が高い」といった特許制度の基本的な仕組みに基づき価値を評価しています。PIスコアを活用することにより、自社・他社ともノーマークであった重要特許を発掘することができます。

なお、PIスコアに基づき二次検索を行うことにより所定のPIスコア範囲の特許のみを抽出することも簡単にできます。

PIスコアを活用する上での注意点:

PIスコアは各特許を1~1000点の1000段階で評価します。物質・素材系の下位概念のない特許が一般的に1000点にスコアリングされる傾向にあります。一方、構成系の特許のうち権利範囲の広い特許は100~150点程度に評価される傾向にあります。

特許検索方法 入門編

特許検索方法 初級編

特許検索機能(特許データベース)

特許分析機能