パテント・ランドスケープによる特許分析

企業経営における特許情報の活用が注目され、特許情報から市場のプレーヤーやそのポジションについて現状を俯瞰し、将来の展望を示すことが求められています。しかし、これまで特許情報の分析は、専門的なスキルや大きな手間がかかるものでした。

パテント・ランドスケープは、任意の市場や技術分野などの大規模な特許検索集合を、ワンクリックの簡単操作で可視化します(最大50,000件)。AIやテキストマイニング技術により、複雑な設定が不要で、市場・技術の全体像や、プレーヤ毎のポジションを誰でも簡単に示すことが可能です。

パテント・ランドスケープの使い方

パテント・ランドスケープ機能は「 特許検索機能(特許データベース)」により作成された特許検索母集団に対して利用することができます。

特許検索を行うと、左側の特許検索結果コントロールに特許検索の結果が表示されます。次に、マップを作成したい検索結果の「特許分析」メニューから「ランドスケープ」(パテント・ランドスケープ)を選択します。

「ランドスケープ」の選択後、文献同士の類似度の算定基礎となる分析フィールド、および分析件数の指定を行います。

文献同士の類似度の算定基礎となる分析フィールドは、「要約」または「要約+請求項」から選択することができます。また、分析件数は、最大50,000件まで指定可能です。特許検索母集団を任意のフィールド(出願日、公開日、関連度等)で降順または昇順でソートし、指定した件数の特許を分析対象の集合とすることができます。

分析フィールドおよび分析件数を指定し、「パテント・ランドスケープ」ボタンをクリックすると、パテント・ランドスケープの作成が開始されます。

パテント・ランドスケープの作成およびダウンロードが完了後、「Patent Landscape」ボタンをクリックすると、作成したパテント・ランドスケープ画面を表示することができます。Patent Landscapeはダウンロード一覧画面からいつでも呼び出すことができます。

パテント・ランドスケープによる分析

パテント・ランドスケープでは、特許検索集合に含まれる特許を、文献同士の類似度に基づいて可視化します。特許検索母集団は、テキストマイニングにより関連するトピックやターム毎に近くにまとめられ表示されます。各トピックやタームは丸印で示されており、関連する文献が多い領域は赤色、少ない領域は青色とグラデーションで段階的に描画しています。

大規模な特許検索集合において、どのようなトピックやタームで多くの出願がなされているか等、全体を俯瞰して把握することが可能です。

また、パテント・ランドスケープに表示する文献は、画面左側の「出願人,権利者」欄にチェックを入れることで簡単に切り替えが可能です。これにより、特許検索集合全体に対する所望の出願人のポジションを俯瞰して捉えることができます。

ここで、各トピックは、複数の関連するタームを含む文献をまとめています。トピックがそれぞれどのようなタームを含む集合であるかは、トピックを示す丸印にカーソルを合わせることで表示される「メインターム」欄で確認することができます。

パテントマップ上にカーソルを合わせクリックすると、その領域のトピックやタームに関連する文献の一覧が右側の枠に表示されます。この文献一覧は、トピックやタームの関連度が高いものから順に表示されます。

パテント・ランドスケープ結果の出力

パテント・ランドスケープにて描画したイメージは、PNG, JPG, PDF, SVGの任意のフォーマットで出力ができます。出力したイメージを報告書等に活用することで、容易に市場のプレーヤーやそのポジションについて示すことが可能です。

パテント・ランドスケープの管理

作成したパテント・ランドスケープは、全て検索結果と紐付けられてデータベースへ保存されます。保存されたパテント・ランドスケープは「特許検索結果コントロール」の「履歴管理」ボタンから簡単に復元することができます。また、各パテント・ランドスケープには「メモ」を設定することができ、検索結果と紐づけて体系的に管理することができます。

特許検索方法 入門編

特許検索方法 初級編

特許検索機能(特許データベース)

特許分析機能