更新日:2023/04/02

41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営

このページでは、類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」における特許庁発行の139,254件の、商標公報データに基づく商標(商標出願・登録商標)の情報を提供しています。類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」における商標区分、称呼(呼称)・ネーミング、文字商標、商標権者・商標出願人、商標の手続きを行っている弁理士・特許事務所など、商標に関する情報を調べることができます。

類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」において、どのような商標区分が指定されているのか、どのような称呼(呼称)・ネーミングの商標(商標出願・登録商標)があるのか、どのような文字商標の商標(商標出願・登録商標)があるのか、どのような企業・組織が商標(商標出願・登録商標)を保有しているのか、どのような弁理士・特許事務所が手続きを行っているのか、商標情報を調査することができます。

記事監修:岡村 太一
【監修者】

ブランデザイン特許事務所 代表弁理士

岡村 太一 (監修者)

大阪の小規模事務所、知財専門専門職大学院非常勤講師、東京の国内最大規模事務所の勤務経験を経て2020年に商標意匠専門事務所「brandesign」を設立。意見書、審判、異議申立、鑑定などを多く扱う。
複雑な商標問題をトーク形式で解説するラジオ風番組「ゆるカワ❤商標ラジオ」の他、JPDA(日本パッケージデザイン協会)、コンテンツ東京2022等の様々な場所で情報発信を行う。

商標権によりブランドを強化できます

商標権を取得することにより自社のビジネスが他者により真似されることを防いだり、ブランドを強化して自社の製品やサービスを顧客に対して魅力的にアピールすることができます。また、他者の商標権を侵害してしまうと、損害賠償責任に加え、民事、刑事上の法的責任を問われるのみならず、ブランドイメージの悪化顧客からの信頼喪失などの影響が考えられます。

商標権を取得するには、特許庁の定める様式に従い保護対象の商品やサービスを指定して適切に商標出願を行う必要があります。例えば、一口に商標出願といっても、商標を文字で出願するのか、図形で出願するのか、どのような製品、サービスに対して出願するのか、事業内容に応じた商標出願を行う必要があります

このように、自身のビジネスの保護や、ブランド強化といった目的に応じて、効果的な商標出願を行うには専門的な知識が必要になります。また、他者の商標権を侵害しているか否かの判断も商標の専門家に相談する必要があります。

しかし、お住まいの地域で信頼できる商標の専門家を探すのは時間と手間がかかるのではないでしょうか。商標出願の経験がない方でも、入力フォームから経験豊富な商標専門の弁理士に「無料」で「1分程度」で相談することができます。近年話題のAI技術を活用したリーズナブルな商標サービス、商標専門の弁理士にビジネス内容をじっくり相談する2つの方法を選択することができます。

商標(商標出願・登録商標)の概要

41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営の過去1年間の商標出願件数は、公開商標公報が0件、登録商標公報が10,244件です。 41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営の過去3年間の商標出願件数は、公開商標公報が0件、登録商標公報が36,606件です。

過去3年間(2020-2023年)の出願件数
公報種別 件数
公開商標公報 0
登録商標公報 36,606

41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営の過去5年間(2016〜2021年)の商標(商標出願・登録商標)の出願件数は増加傾向です。商標件数推移を確認することにより、41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営の商標出願活動のアクティビティを確認することができます。

過去5年間(2016-2021年)の出願件数推移
件数 前年比
2021 13,975 12.8 %
2020 12,389 1.4 %
2019 12,212 12.3 %
2018 10,873 16.9 %
2017 9,301 19.5 %

類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」における商標(商標出願・登録商標)の概要は、以下の通りです。

記事監修:岡村 太一

ブランデザイン特許事務所 代表弁理士

岡村 太一のコメント

「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」における商標権や、「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」においてどのような商品やサービスに対して商標出願が行われているのか確認できます。企業は、商標(ネーミングやロゴ等)を積極的にを使用することにより、消費者に対して自社の商品やサービスを魅力的にアピールしブランドイメージを高めることができます。

などの称呼(呼称)・ネーミングを有する商標が多いです。

などの文字商標が多いです。

ブランドテラスとは

ブランドテラスは、知的財産の専門家である「弁理士」の監修のもと、日本国特許庁が発行する最新の公開商標公報・登録商標公報を用いて、商標に関する情報を広く一般の方々に提供することを目的とした国内最大規模の商標情報サービスです。

ブランドテラスに掲載されている情報は、商用・非商用問わず、無料で様々な用途に活用することができます。 自身のビジネスの商品、サービスのネーミング、商標出願、商標申請の際の参考情報としてご利用ください。

関連類似群コード

類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」の商標(商標出願・登録商標)が指定している、代表的な他の類似群コードは以下の通りです。

記事監修:岡村 太一

ブランデザイン特許事務所 代表弁理士

岡村 太一のコメント

「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」においてどのような商品やサービスに対して商標出願がされているのか確認してみましょう。「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」において商標出願の際に指定された商品やサービスは、自社が商標出願する際の指定商品、指定役務の参考にすることができます。

商標区分

類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」における代表的な商標区分ごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:岡村 太一

ブランデザイン特許事務所 代表弁理士

岡村 太一のコメント

「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」においてどのような商品やサービスに対して商標出願がされているのか確認してみましょう。「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」において商標出願の際に指定された商品やサービスは、自社が商標出願する際の指定商品、指定役務の参考にすることができます。

称呼(呼称)・ネーミング

類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」における代表的な称呼(呼称)・ネーミングごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:岡村 太一

ブランデザイン特許事務所 代表弁理士

岡村 太一のコメント

「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」においてどのようなネーミングに対して商標出願がされているのか確認してみましょう。自社が商標出願しようとしているネーミングと類似しないか確認してみましょう。
称呼(呼称)・ネーミング一覧 (直近3年)
称呼(呼称)・ネーミング 件数
ラボ 193
プロジェクト 148
ラブ 140
エルエイビイ 107
ライフ 98
ライブ 95
プラス 92
アカデミー 91
エス 86
リブ 86
称呼(呼称)・ネーミング一覧 (全期間)
称呼(呼称)・ネーミング 件数
ラボ 536
プロジェクト 450
ラブ 446
ライフ 367
ワールド 343
ライブ 313
エルエイビイ 306
プラス 291
アカデミー 285
キッズ 276

文字商標

類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」における代表的な文字商標ごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:岡村 太一

ブランデザイン特許事務所 代表弁理士

岡村 太一のコメント

「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」においてどのような文字商標に対して商標出願がされているのか確認してみましょう。自社が商標出願しようとしている文字商標と類似しないか確認してみましょう。
文字商標一覧 (直近3年)
文字商標 件数
106
90
79
72
66
65
57
JAPAN 56
53
53
文字商標一覧 (全期間)
文字商標 件数
322
276
249
JAPAN 238
210
203
TOKYO 194
190
189
180

商標権者・商標出願人

類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」における代表的な商標権者・商標出願人ごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:岡村 太一

ブランデザイン特許事務所 代表弁理士

岡村 太一のコメント

「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」において、どのような企業がどのくらい商標を出願しているのか確認してみましょう。「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」においてどのような商標出願がされているのかは、自社が商標出願する際に参考になる情報です。

弁理士・特許事務所

類似群コード「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」における代表的な弁理士・特許事務所ごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:岡村 太一

ブランデザイン特許事務所 代表弁理士

岡村 太一のコメント

「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」において、どのような弁理士・特許事務所へ商標出願が依頼されているのか確認してみましょう。「41F06 教育又は娯楽に関する競技会の企画・運営」においてどのような事務所(規模、地域等)に依頼されているのかは、自社が商標出願する際に参考になる情報です。
弁理士・特許事務所一覧 (直近3年)
弁理士・特許事務所 件数
弁理士法人Toreru 1,974
土野史隆 1,952
宮崎超史 1,952
小林健一郎 1,952
辻本依子 1,952
五味和泰 1,774
淡路里美 1,771
渡辺貴康 1,647
浜崎晃 1,425
眞田忠昌 1,405
弁理士・特許事務所一覧 (全期間)
弁理士・特許事務所 件数
田中克郎 3,760
稲葉良幸 3,572
宮崎超史 3,002
辻本依子 2,943
弁理士法人Toreru 2,905
土野史隆 2,727
小林健一郎 2,569
辻田朋子 2,565
五味和泰 2,033
平野泰弘 2,023

商標権を取得する

商標権を取得することにより自社のビジネスが他者により真似されることを防いだり、ブランドを強化して自社の製品やサービスを顧客に対して魅力的にアピールすることができます。また、他者の商標権を侵害してしまうと、損害賠償責任に加え、民事、刑事上の法的責任を問われるのみならず、ブランドイメージの悪化顧客からの信頼喪失などの影響が考えられます。

商標権を取得するには、特許庁の定める様式に従い保護対象の商品やサービスを指定して適切に商標出願を行う必要があります。例えば、一口に商標出願といっても、商標を文字で出願するのか、図形で出願するのか、どのような製品、サービスに対して出願するのか、事業内容に応じた商標出願を行う必要があります

このように、自身のビジネスの保護や、ブランド強化といった目的に応じて、効果的な商標出願を行うには専門的な知識が必要になります。また、他者の商標権を侵害しているか否かの判断も商標の専門家に相談する必要があります。

しかし、お住まいの地域で信頼できる商標の専門家を探すのは時間と手間がかかるのではないでしょうか。商標出願の経験がない方でも、入力フォームから経験豊富な商標専門の弁理士に「無料」で「1分程度」で相談することができます。近年話題のAI技術を活用したリーズナブルな商標サービス、商標専門の弁理士にビジネス内容をじっくり相談する2つの方法を選択することができます。

メディア(新聞、雑誌等)への商標情報提供

『ブランドテラス』は、知的財産権の専門家である弁理士が経営する「パテント・インテグレーション株式会社」が提供する、最新の商標データに基づき、様々な企業、エリア、商標区分等の商標(商標出願・登録商標)情報を提供する国内最大規模の商標情報サービスです。

本ウェブサービスは、知的財産権への関心有無に関わらず、多くの方々に知財情報を身近に感じて頂き、活用いただくことを目的としています。

弊社では、新聞、雑誌、ウェブメディア等の様々なメディアの各種記事において活用できる各種商標情報の提供を積極的に行っております。 提供可能な商標情報の内容、提供条件等についてはお気軽に『お問い合わせフォーム』からお問い合わせください。

コンテンツについて

データ、文書、図表類に関する権利は全て「統合特許検索・分析サービス パテント・インテグレーション」に帰属します。 社内資料、社外報告資料等(有償・無償問わず)に掲載する際は出典「ブランドテラス, URL: https://patent-i.com/tm/」を明記の上、ご利用ください。

商標データは最新の特許庁発行の商標データに基づき集計・解析・分析を行っています。 掲載・分析結果については十分気をつけておりますが、データの正否については保証していません。 ご理解の上、ご利用をお願いいたします。

商標データは全て特許庁発行の公開データに基づいており、掲載内容は特許庁サイトで公開されている商標公報等と同等の内容です。 公報情報は、特許庁「公報に関して」に記載されている通り、権利者が独占排他的な権利を求める手続きを行うかわりに広く公示されるべきものです。

ブランドテラスにおける掲載基準は、特許庁サイト(JPlatPat)での閲覧可否に応じて判断しております。 特許庁サイトにて非公開とされている情報は、弊社も非公開とする場合がございます。

一方、特許庁サイトにて閲覧可能な情報は通常、掲載にあたり法的な問題(名誉毀損等)がなく表現の自由の範囲内と考えられることから削除依頼等には応じておりません。 なお、商標出願人は、商標情報が公開される前提を理解した上で、自分自身の意思により商標出願を行っていると考えると、商標情報を掲載するにあたり法的な問題は通常存在しないと考えられます。 また、記事を削除してしまうと、商標情報の調査、閲覧を希望するユーザの『知る権利』を害することとなり、閲覧者に不利益が生じてしまうためです。

なお、個人の氏名等の個人情報等の削除をご希望の場合は「削除申請フォーム」より必要事項を記載し、送信してください。 その他、本サービスについてお気づきの点がございましたら、「お問い合わせ」よりお気軽にお知らせください。

安心・安全への取り組み

特許庁 ブランドテラスは、特許庁より収集された、200万件以上の最新の商標データに基づき、品質の高い商標情報の提供に取り組んでいます。
信頼できる商標情報 ブランドテラスは、誰もが安心して商標情報を調べられるように、特許庁より商標データを収集し、レポート形式で広く提供しています。
情報の信頼性 ブランドテラスは、情報の信頼性を高め、ユーザのみなさまに安心して商標情報をお調べいただけるよう、様々な取組みを行なっています。

運営会社

運営会社 パテント・インテグレーション株式会社
サービス 特許庁発行の過去20年、約300万件の商標データを収録した、国内最大規模の商標情報サービス『ブランドテラス』の提供
所在地 東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5F
電話番号 050-3690-4220
(※お問い合わせフォームからお問い合わせください)
サービス開始 2022年4月
ミッション 専門的な「商標情報」をわかりやすく広く一般の方々に伝えること
ブランドテラス サービス