最終更新日:2020/10/03

生体内診断剤技術 (特許分析レポート・日本)

生体内診断剤技術[テーマコード 4C085]の過去10年間(2010-01-01〜2020-09-30)の特許検索結果[特許データベース 日本]を対象とした特許分析情報(パテントマップ、特許マップ)を提供しています。競合各社の特許出願動向を比較したり、重要特許を調べることができます。

本サービスは特許データベース会社「Patent Integration」が提供する特許分析レポートサービスです。 特許調査・分析業務に活用いただくことを目的として、現在ベータサービスとして提供しております。

保有特許の全体像は、特許 テキストマイニング技術を用いて作成された「パテント・ランドスケープ」により俯瞰することができます。

外国特許分析レポート

「生体内診断剤技術」について、以下の外国特許分析レポートが見つかりました。 クリックすることで各国の特許出願動向を簡単に確認することができます。

各国の特許出願動向
国名 出願人・権利者名

生体内診断剤技術の特許出願概要   (日本)

テーマコード「生体内診断剤技術」の直近(2019-01-01〜2019-03-31)の特許出願件数は 205件 です。前年同期間(2018-01-01〜2018-03-31)の特許出願件数 660件 に比べて -455件(-68.9%) と大幅に減少しています。

出願件数が最も多い年は 2016年 の2,637件、最も少ない年は 2010年 の1,721件です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計11,867件)の平均値は2,373件、中央値は2,525件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.14であり、年ごとの出願件数のばらつきは小さいです。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 2,373
標準偏差 327
変動係数 0.14

直近3年間(2016〜2018年)の出願件数は減少傾向です。

直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2018 年 1,763 -32.9 %
2017 年 2,628 -0.34 %
2016 年 2,637 +4.44 %

生体内診断剤技術 日本特許件数 推移

生体内診断剤技術 の過去 20年間 の特許出願件数推移(日本)は以下の通りです。

グラフ種は左上のメニューから選択できます。 データはクリップボード、CSV形式、TSV形式でファイル出力できます。 また、グラフ画像をSVG、PNG、JPG形式でファイル出力できます。 データを利用する際の利用条件は「コンテンツについて」をご確認ください。

パテント・ランドスケープ   ({{ld.d.db_name|country_map}})

生体内診断剤技術 が保有する過去 10年間、{{ld.d.dlcnt|number}}件の{{ld.d.db_name|country_map}}特許の全体像をパテント・ランドスケープ機能により俯瞰できます。 ヒートマップはキーワードに関連するそれぞれの特許出願状況(注力領域)を表現しており、赤い領域ほど多くの特許出願がなされていることを意味します。 出願年でフィルタすることにより、過去の出願傾向(注力してきた技術領域)の変遷を確認することができます。

特徴語 (重要度)

生体内診断剤技術 の特許出願によく使われている「単語(特徴語)」は以下の通りです。 重要度が高い特徴語ほど多くの特許に使われています。

{{item.label}} ({{ld.floor(item.weight * 100 / ld.word_weight_max)}})

検索集合 (分析対象)

本特許分析レポートは、以下の特許データベースを用いて、以下の検索式・分析期間により検索された「19,954件」の特許検索集合を対象に作成されたものです。 特許分析結果、パテントマップなどの特許情報は、特許調査業務など自由にご利用いただけます。

特許データベース
日本公開・公表・再公表・登録特許
特許検索式
テーマコード:
生体内診断剤技術[テーマコード 4C085]
特許分析期間
2010-01-01〜2020-09-30
対象件数
19,954

分析結果は各国特許庁発行の特許公報データに基づき算定しています。

上位企業 情報  (日本)

技術テーマ「生体内診断剤技術」における上位出願人の特許情報は以下の通りです。各企業の特許件数を比較することで、過去および現在の各社の技術テーマにおける研究開発状況や、技術テーマにおける各社の位置付けを確認することができます。

直近3年間(2018〜2020年)の特許出願傾向

上位出願人のうち、直近3年間(2018〜2020年)において、出願件数が最も多いのは ジェネンテックインコーポレイテッド の74件、次に多いのは ノバルティスアーゲー の70件です。

直近3年間(2018〜2020年)の特許出願傾向
名前・名称 件数
ジェネンテックインコーポレイテッド 74
ノバルティスアーゲー 70
中外製薬株式会社 37

対象期間(2010〜2020年)の特許出願傾向

上位出願人のうち、対象期間(2010〜2020年)において、出願件数が最も多いのは ジェネンテックインコーポレイテッド の679件、次に多いのは ノバルティスアーゲー の499件です。

対象期間(2010〜2020年)の特許出願傾向
名前・名称 件数
ジェネンテックインコーポレイテッド 679
ノバルティスアーゲー 499
中外製薬株式会社 267

上位企業 日本特許件数 推移

生体内診断剤技術 の過去20年間の 上位出願人7社 の日本特許の出願件数推移を示すパテントマップは以下の通りです。

グラフ種は左上のメニューから選択できます。 データはクリップボード、CSV形式、TSV形式でファイル出力できます。 また、グラフ画像をSVG、PNG、JPG形式でファイル出力できます。 データを利用する際の利用条件は「コンテンツについて」をご確認ください。

上位企業 詳細   (日本)

ジェネンテックインコーポレイテッド の特許出願傾向

ジェネンテックインコーポレイテッド の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 679件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計399件)の平均値は79.8件、中央値は82.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.27であり、年ごとの出願件数のばらつきは小さいです。

直近3年間(2016〜2018年)の出願件数は減少傾向です。 出願件数が最も多い年は 2015年 の111件、最も少ない年は 2018年 の47件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 79.8
標準偏差 21.8
変動係数 0.27
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2018 年 47 -29.85 %
2017 年 67 -18.29 %
2016 年 82 -26.13 %

ノバルティスアーゲー の特許出願傾向

ノバルティスアーゲー の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 499件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計280件)の平均値は56.0件、中央値は50.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.21であり、年ごとの出願件数のばらつきは小さいです。

直近3年間(2016〜2018年)の出願件数は減少傾向です。 出願件数が最も多い年は 2015年 の78件、最も少ない年は 2011年 の44件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 56.0
標準偏差 11.7
変動係数 0.21
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2018 年 47 -6.00 %
2017 年 50 -13.79 %
2016 年 58 -25.64 %

中外製薬株式会社 の特許出願傾向

中外製薬株式会社 の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 267件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計146件)の平均値は29.2件、中央値は35.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.27であり、年ごとの出願件数のばらつきは小さいです。

直近3年間(2016〜2018年)の出願件数は減少傾向です。 出願件数が最も多い年は 2016年 の36件、最も少ない年は 2018年 の18件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 29.2
標準偏差 8.0
変動係数 0.27
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2018 年 18 -48.6 %
2017 年 35 -2.78 %
2016 年 36 0

グラクソスミスクラインバイオロジカルズソシエテアノニム の特許出願傾向

グラクソスミスクラインバイオロジカルズソシエテアノニム の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 231件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計111件)の平均値は22.2件、中央値は20.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.3であり、年ごとの出願件数のばらつきは大きいです。

直近3年間(2016〜2018年)の出願件数は減少傾向です。 出願件数が最も多い年は 2014年 の31件、最も少ない年は 2018年 の11件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 22.2
標準偏差 7.5
変動係数 0.3
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2018 年 11 -42.1 %
2017 年 19 -5.00 %
2016 年 20 -33.3 %

アメリカ合衆国 の特許出願傾向

アメリカ合衆国 の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 92件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計48件)の平均値は9.6件、中央値は8.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.4であり、年ごとの出願件数のばらつきは大きいです。

出願件数が最も多い年は 2014年 の17件、最も少ない年は 2011年 の7件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 9.6
標準偏差 3.8
変動係数 0.4
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2018 年 7 0
2017 年 7 -12.50 %
2016 年 8 -11.11 %

重要特許情報   (日本)

生体内診断剤技術 の保有日本特許のうち、第三者から無効審判請求や異議申立が提起された特許や、特許審査過程において審査官により引用された重要性が高い特許は以下の通りです。

用語解説

被引用
他の特許(日米欧)の審査過程の拒絶理由通知等に引用された特許(審査官引用)であることを示します。 被引用回数が多いほど、他の特許の拒絶理由通知において引用されたことを示し、重要性が高いと考えられます。
無効審判請求
特許を無効にするための手続きを第三者から請求されたことを示します。 第三者の事業に影響を与える可能性が高く、重要性が高いと考えられます。
異議申立
第三者が特許庁へ、特許の有効性に関して改めて審理するよう申し立てたことを示します。 無効審判同様、重要性が高いと考えられます。
情報提供
出願された特許に対して、第三者が審査に有益な情報を特許庁へ提供したことを示します。 通常、当該特許の権利化を妨げるために行うため、重要性が高いと考えられます。
閲覧請求
第三者が特許庁へ、特許の包袋(特許庁と出願人とが交わした文書一式)を閲覧を請求したことを示します。 無効審判、異議申立、情報提供に先立ち包袋を確認することが多く、重要性が高い特許であると考えられます。

被無効審判請求 特許

直近の 被無効審判請求特許 一覧

直近3年間(2017-10-01〜2020-09-30)に、第三者から 無効審判請求 された特許は 16件 ありました。平均無効審判請求数は 1.5回 です。 最も最近 無効審判請求 された特許は 特許6293103号「自己緩衝タンパク質製剤」(無効審判請求日 2020-06-30)、次は 特許6335326号「コンジュゲート化莢膜糖類抗原を含む免疫原性組成物およびその使用」(無効審判請求日 2020-05-18)です。

直近の無効審判請求 (2017-10-01〜2020-09-30)
- 特許番号 発明の名称 無効審判請求日
1 特許6293103 自己緩衝タンパク質製剤 2020-06-30
2 特許6335326 コンジュゲート化莢膜糖類抗原を含む免疫原性組成物およびその使用 2020-05-18
3 特許5856555 自己緩衝タンパク質製剤 2020-03-31
4 特許6192115 免疫原性組成物を安定化させ、沈殿を阻害する新規製剤 2020-03-11
5 特許5705288 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2020-02-12
6 特許5906333 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2020-02-12
7 特表2013-541936 PIVKA−IIに関する抗体およびその使用 2019-10-29
8 特許6417431 複数分子の抗原に繰り返し結合する抗原結合分子 2019-07-05
9 特許5818545 抗ErbB2抗体を用いた治療のためのドーセージ 2019-05-31
10 特許6302529 抗−TNFα抗体の投与方法 2018-09-05

5件の特許を表示する  

被無効審判請求数 上位特許

直近10年間(2010-10-01〜2020-09-30)に出願された特許のうち、第三者により 無効審判請求 が1回以上なされた特許は 19件 ありました。平均無効審判請求数は 1.3回 です。 無効審判請求数が多い特許は 特許5818545号「抗ErbB2抗体を用いた治療のためのドーセージ」(3回)、次に多い特許は 特許6192115号「免疫原性組成物を安定化させ、沈殿を阻害する新規製剤」(2回)です。

10年間(2010-10-01〜2020-09-30) 無効審判請求数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許5818545 抗ErbB2抗体を用いた治療のためのドーセージ 3
2 特許6192115 免疫原性組成物を安定化させ、沈殿を阻害する新規製剤 2
3 特許5836905 イオン交換クロマトグラフィによるタンパク質精製 2
4 特許5705288 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2
5 特許5906333 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2

被異議申立 特許

直近の 被異議申立特許 一覧

直近3年間(2017-10-01〜2020-09-30)に、第三者から 異議申立 された特許は 12件 ありました。平均異議申立数は 1.0回 です。 最も最近 異議申立 された特許は 特許6649255号「トリアデノウイルスワクチン」(異議申立日 2020-08-17)、次は 特許6615063号「ノロウイルスに対して防御免疫応答を付与する方法」(異議申立日 2020-05-29)です。

直近の異議申立 (2017-10-01〜2020-09-30)
- 特許番号 発明の名称 異議申立日
1 特許6649255 トリアデノウイルスワクチン 2020-08-17
2 特許6615063 ノロウイルスに対して防御免疫応答を付与する方法 2020-05-29
3 特許6577470 トリアデノウイルスワクチン 2020-03-05
4 特許6563554 CARの抗腫瘍活性のための毒性管理 2020-02-21
5 特許6471227 磁気共鳴画像法用途のためのナノ粒子 2019-08-09
6 特許6395917 ヒトの癌におけるPIK3CA遺伝子の変異 2019-03-26
7 特許6355512 不活化ワクチン製剤、並びに感染症予防方法 2018-12-19
8 特許6224059 補体のインヒビターによる発作性夜間血色素尿症患者の処置 2018-05-01
9 特許6189895 補体関連障害を処置するための方法および組成物 2018-02-28
10 特許6169085 抗ERBB3抗体に対する腫瘍応答の推定 2018-01-25

5件の特許を表示する  

被情報提供 特許

直近の 被情報提供特許 一覧

直近3年間(2017-10-01〜2020-09-30)に、第三者から 情報提供 された特許は 16件 ありました。平均情報提供数は 1.5回 です。 最も最近 情報提供 された特許は 特開2017-197445号「2−[18F]フルオロ−2−デオキシ−D−グルコースの製造方法」(情報提供日 2020-07-16)、次は 特表2017-522884号「がん免疫療法のためのEGFRvIII特異的キメラ抗原受容体」(情報提供日 2020-04-28)です。

直近の情報提供 (2017-10-01〜2020-09-30)
- 特許番号 発明の名称 情報提供日
1 特開2017-197445 2−[18F]フルオロ−2−デオキシ−D−グルコースの製造方法 2020-07-16
2 特表2017-522884 がん免疫療法のためのEGFRvIII特異的キメラ抗原受容体 2020-04-28
3 特表2017-537117 小さい活動性脈絡膜新生血管病変を有する加齢黄斑変性症の治療 2020-04-14
4 特開2016-166173 PD−1、B7−4の受容体、およびその使用 2019-11-25
5 特表2017-521485 ガレクチン−9に対して方向づけられ、制御性Tリンパ球の抑制活性の阻害剤である抗体 2019-10-31
6 特許6755457 合成アミノ酸の癌細胞内取り込みを保持する修飾法と正常細胞を保護する中性子捕捉療法 2019-07-24
7 特開2017-149726 B細胞表面マーカーに結合するアンタゴニストを用いた自己免疫疾患の治療 2019-07-16
8 特許6577470 トリアデノウイルスワクチン 2019-03-15
9 特開2016-074747 卵を使用しないインフルエンザウイルスワクチンの作製 2018-12-21
10 特開2016-084287 歯周病用フィルム状外用剤及びその使用方法 2018-10-25
11 特開2017-214435 抗CD20抗体の投与を含むB細胞リンパ腫の併用療法 2018-07-17
12 特許6613259 非経口ノロウイルスワクチン製剤 2018-07-02
13 特許6422460 造影剤の薬学的製剤を調製する方法 2018-04-26
14 特許6615063 ノロウイルスに対して防御免疫応答を付与する方法 2018-02-27
15 特許6462574 テープ剤の新規な基剤組成物 2017-10-24
16 特許6296885 ノロウイルスに対して防御免疫応答を付与する方法 2017-10-06

11件の特許を表示する  

被情報提供数 上位特許

直近10年間(2010-10-01〜2020-09-30)に出願された特許のうち、第三者により 情報提供 が1回以上なされた特許は 38件 ありました。平均情報提供数は 2.2回 です。 情報提供数が多い特許は 特許6170677号「免疫グロブリン製剤及び免疫グロブリン製剤のための貯蔵システム」(6回)、次に多い特許は 特開2011-025068号「プレフィルドシリンジタンパク質溶液製剤」(6回)です。

10年間(2010-10-01〜2020-09-30) 情報提供数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許6170677 免疫グロブリン製剤及び免疫グロブリン製剤のための貯蔵システム 6
2 特開2011-025068 プレフィルドシリンジタンパク質溶液製剤 6
3 特許5773941 安定な正のゼータ電位を有する眼科用水中油型乳剤 4
4 特許6273251 芳香族アミノ酸誘導体およびそれを用いるPETプローブ 4
5 特許5871867 プレフィルドシリンジタンパク質溶液製剤 4

被閲覧請求 特許

直近の 被閲覧請求特許 一覧

直近3年間(2017-10-01〜2020-09-30)に、第三者から 閲覧請求 された特許は 401件 ありました。平均閲覧請求数は 2.3回 です。 最も最近 閲覧請求 された特許は 特開2018-135374号「コンジュゲート化莢膜糖類抗原を含む免疫原性組成物およびその使用」(閲覧請求日 2020-09-29)、次は 特表2017-514490号「in vitroで成長させた感染性Plasmodiumスポロゾイト」(閲覧請求日 2020-09-28)です。

直近の閲覧請求 (2017-10-01〜2020-09-30)
- 特許番号 発明の名称 閲覧請求日
1 特開2018-135374 コンジュゲート化莢膜糖類抗原を含む免疫原性組成物およびその使用 2020-09-29
2 特表2017-514490 in vitroで成長させた感染性Plasmodiumスポロゾイト 2020-09-28
3 特表2018-503645 標的への抗癌剤の送達を増加させる方法 2020-09-24
4 特開2019-103504 Programmed Death 1(PD−1)に対するヒトモノクローナル抗体および抗PD−1抗体単独または他の免疫療法と併用した癌治療方法 2020-09-24
5 特表2018-527330 線維症の処置 2020-09-24
6 特表2017-515859 抗PD−1抗体と他の抗癌剤の組み合わせを使用する肺癌の処置 2020-09-24
7 特開2020-105204 PD−1/PD−L1シグナル伝達を破壊することによる癌免疫療法 2020-09-24
8 特開2019-011368 前立腺特異的膜抗原(PSMA)の標識インヒビター、前立腺癌の治療のための画像化剤および薬剤としてのその使用 2020-09-23
9 特開2019-218351 前立腺特異的膜抗原(PSMA)の標識インヒビター、前立腺癌の治療のための画像化剤および薬剤としてのその使用 2020-09-23
10 特開2017-197445 2−[18F]フルオロ−2−デオキシ−D−グルコースの製造方法 2020-09-17
11 特表2017-517568 好酸球又はマスト細胞関連障害の治療 2020-09-16
12 特開2018-127439 腫瘍関連抗原に対し特異的な治療用モノクローナル抗体および免疫アジュバントを用いたがん治療 2020-09-14
13 特表2017-530722 抗PD−1抗体 2020-09-09
14 特表2017-525713 免疫調節化合物を抗体と併用する多発性骨髄腫の治療方法 2020-09-03
15 特開2018-023398 抗ミオスタチン抗体、変異Fc領域を含むポリペプチド、および使用方法 2020-09-02
16 特表2017-534742 メタ−ヨードベンジルグアニジン及びその前駆体の調製物 2020-09-02
17 再公表2015/083764 化合物の濃度に応じて抗原結合能の変化する抗原結合分子及びそのライブラリ 2020-08-19
18 特開2018-198621 ニューカッスル病ウイルス及びその使用 2020-08-14
19 特開2018-139603 DNAミニサークルおよびその使用 2020-08-12
20 特表2018-518181 血液細胞系列の細胞に機能的ポリペプチドを導入するためのCRISPR/Cas9複合体 2020-08-12

15件の特許を表示する  

被閲覧請求数 上位特許

直近10年間(2010-10-01〜2020-09-30)に出願された特許のうち、第三者により 閲覧請求 が1回以上なされた特許は 750件 ありました。平均閲覧請求数は 2.3回 です。 閲覧請求数が多い特許は 特開2017-149726号「B細胞表面マーカーに結合するアンタゴニストを用いた自己免疫疾患の治療」(46回)、次に多い特許は 特開2017-214435号「抗CD20抗体の投与を含むB細胞リンパ腫の併用療法」(43回)です。

10年間(2010-10-01〜2020-09-30) 閲覧請求数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特開2017-149726 B細胞表面マーカーに結合するアンタゴニストを用いた自己免疫疾患の治療 46
2 特開2017-214435 抗CD20抗体の投与を含むB細胞リンパ腫の併用療法 43
3 特許5832952 抗−TNFα抗体の投与方法 28
4 特開2012-016358 インフルエンザウイルスの複製のための動物細胞および方法 24
5 特開2019-011368 前立腺特異的膜抗原(PSMA)の標識インヒビター、前立腺癌の治療のための画像化剤および薬剤としてのその使用 21

被引用 特許

被引用数 上位特許

直近10年間(2010-10-01〜2020-09-30)に出願された特許のうち、他の特許の審査過程において1回以上 引用 された特許は 2,193件 ありました。平均被引用数は 1.6回 です。 被引用数が多い特許は 特許5972864号「ピロロベンゾジアゼピン及びそれらのコンジュゲート」(15回)、次に多い特許は 特許5837504号「B7−H1に対する標的結合剤」(12回)です。

10年間(2010-10-01〜2020-09-30) 被引用数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許5972864 ピロロベンゾジアゼピン及びそれらのコンジュゲート 15
2 特許5837504 B7−H1に対する標的結合剤 12
3 特許5948319 腫瘍特異的なネオ抗原を同定する組成物および方法 11
4 特表2015-513394 二重特異性キメラ抗原受容体およびその治療的使用 11
5 特表2014-513092 Tエフェクター細胞を抗原特異的に欠失させるための寛容原性合成ナノキャリア 11

コンテンツについて

データ、文書、図表類に関する権利は全て「統合特許検索・分析サービス Patent Integration」に帰属します。 社内資料、社外報告資料等(有償・無償問わず)に掲載する際は出典「Patent Integration Report, URL: https://patent-i.com/」を明記の上、ご利用くださいますようお願いいたします。

特許データは最新の特許庁発行の特許データに基づき集計・解析・分析を行っています。 掲載・分析結果については十分気をつけておりますが、データの正否については保証しておりません。 ご理解の上、ご利用をお願いいたします。

意見・要望 募集中

本サービスは特許データベース会社「Patent Integration」が提供する特許分析レポートサービスです。 現在ベータサービスとして提供しております。
今後の機能拡張のためユーザーの皆様よりご意見・ご要望を広く募集しております。 本サービスについてお気づきの点がございましたら、「お問い合わせ」よりお気軽にお知らせください。