最終更新日:2021/01/10

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術 (特許分析レポート・日本)

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術[テーマコード 4C086]の過去10年間(2011-01-01〜2020-12-31)の特許検索結果[特許データベース 日本]を対象とした特許分析情報(パテントマップ、特許マップ)を提供しています。競合各社の特許出願動向を比較したり、重要特許を調べることができます。

本サービスは特許データベース会社「Patent Integration」が提供する特許分析レポートサービスです。 特許調査・分析業務に活用いただくことを目的として、現在ベータサービスとして提供しております。

保有特許の全体像は、特許 テキストマイニング技術を用いて作成された「パテント・ランドスケープ」により俯瞰することができます。

外国特許分析レポート

「他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術」について、以下の外国特許分析レポートが見つかりました。 クリックすることで各国の特許出願動向を簡単に確認することができます。

各国の特許出願動向
国名 出願人・権利者名

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術の特許出願概要   (日本)

テーマコード「他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術」の直近(2019-01-01〜2019-06-30)の特許出願件数は 997件 です。前年同期間(2018-01-01〜2018-06-30)の特許出願件数 2,987件 に比べて -1,990件(-66.6%) と大幅に減少しています。

出願件数が最も多い年は 2015年 の6,388件、最も少ない年は 2019年 の1,628件です。

過去5年間の出願件数(2015〜2019年、計25,367件)の平均値は5,073件、中央値は6,020件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.4であり、年ごとの出願件数のばらつきは大きいです。

過去5年間(2015〜2019年)の出願情報
指標
平均値 5,073
標準偏差 1,778
変動係数 0.4

直近3年間(2017〜2019年)の出願件数は減少傾向です。

直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2019 年 1,628 -68.2 %
2018 年 5,115 -15.03 %
2017 年 6,020 -3.15 %

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術 日本特許件数 推移

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術 の過去 20年間 の特許出願件数推移(日本)は以下の通りです。

グラフ種は左上のメニューから選択できます。 データはクリップボード、CSV形式、TSV形式でファイル出力できます。 また、グラフ画像をSVG、PNG、JPG形式でファイル出力できます。 データを利用する際の利用条件は「コンテンツについて」をご確認ください。

パテント・ランドスケープ   ({{ld.d.db_name|country_map}})

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術 が保有する過去 10年間、{{ld.d.dlcnt|number}}件の{{ld.d.db_name|country_map}}特許の全体像をパテント・ランドスケープ機能により俯瞰できます。 ヒートマップはキーワードに関連するそれぞれの特許出願状況(注力領域)を表現しており、赤い領域ほど多くの特許出願がなされていることを意味します。 出願年でフィルタすることにより、過去の出願傾向(注力してきた技術領域)の変遷を確認することができます。

特徴語 (重要度)

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術 の特許出願によく使われている「単語(特徴語)」は以下の通りです。 重要度が高い特徴語ほど多くの特許に使われています。

{{item.label}} ({{ld.floor(item.weight * 100 / ld.word_weight_max)}})

検索集合 (分析対象)

本特許分析レポートは、以下の特許データベースを用いて、以下の検索式・分析期間により検索された「47,983件」の特許検索集合を対象に作成されたものです。 特許分析結果、パテントマップなどの特許情報は、特許調査業務など自由にご利用いただけます。

特許データベース
日本公開・公表・再公表・登録特許
特許検索式
テーマコード:
他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術[テーマコード 4C086]
特許分析期間
2011-01-01〜2020-12-31
対象件数
47,983

分析結果は各国特許庁発行の特許公報データに基づき算定しています。

上位企業 情報  (日本)

技術テーマ「他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術」における上位出願人の特許情報は以下の通りです。各企業の特許件数を比較することで、過去および現在の各社の技術テーマにおける研究開発状況や、技術テーマにおける各社の位置付けを確認することができます。

直近3年間(2019〜2021年)の特許出願傾向

上位出願人のうち、直近3年間(2019〜2021年)において、出願件数が最も多いのは ノバルティスアーゲー の25件、次に多いのは 大正製薬株式会社 の11件です。

直近3年間(2019〜2021年)の特許出願傾向
名前・名称 件数
ノバルティスアーゲー 25
大正製薬株式会社 11
エフホフマン-ラロシュアーゲー 9

対象期間(2011〜2021年)の特許出願傾向

上位出願人のうち、対象期間(2011〜2021年)において、出願件数が最も多いのは ノバルティスアーゲー の899件、次に多いのは エフホフマン-ラロシュアーゲー の598件です。

上位企業 日本特許件数 推移

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術 の過去20年間の 上位出願人7社 の日本特許の出願件数推移を示すパテントマップは以下の通りです。

グラフ種は左上のメニューから選択できます。 データはクリップボード、CSV形式、TSV形式でファイル出力できます。 また、グラフ画像をSVG、PNG、JPG形式でファイル出力できます。 データを利用する際の利用条件は「コンテンツについて」をご確認ください。

上位企業 詳細   (日本)

武田薬品工業株式会社 の特許出願傾向

武田薬品工業株式会社 の分析対象期間(2011〜2021年)の出願件数は 308件 です。

過去5年間の出願件数(2015〜2019年、計142件)の平均値は28.4件、中央値は32.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.5であり、年ごとの出願件数のばらつきは大きいです。

直近3年間(2017〜2019年)の出願件数は減少傾向です。 出願件数が最も多い年は 2015年 の47件、最も少ない年は 2019年 の3件です。

過去5年間(2015〜2019年)の出願情報
指標
平均値 28.4
標準偏差 14.3
変動係数 0.5
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2019 年 3 -89.3 %
2018 年 28 -12.50 %
2017 年 32 0

ノバルティスアーゲー の特許出願傾向

ノバルティスアーゲー の分析対象期間(2011〜2021年)の出願件数は 899件 です。

過去5年間の出願件数(2015〜2019年、計375件)の平均値は75.0件、中央値は80.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.4であり、年ごとの出願件数のばらつきは大きいです。

直近3年間(2017〜2019年)の出願件数は減少傾向です。 出願件数が最も多い年は 2013年 の146件、最も少ない年は 2019年 の24件です。

過去5年間(2015〜2019年)の出願情報
指標
平均値 75.0
標準偏差 28.0
変動係数 0.4
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2019 年 24 -69.6 %
2018 年 79 -1.25 %
2017 年 80 -2.44 %

エフホフマン-ラロシュアーゲー の特許出願傾向

エフホフマン-ラロシュアーゲー の分析対象期間(2011〜2021年)の出願件数は 598件 です。

過去5年間の出願件数(2015〜2019年、計245件)の平均値は49.0件、中央値は64.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.5であり、年ごとの出願件数のばらつきは大きいです。

直近3年間(2017〜2019年)の出願件数は減少傾向です。 出願件数が最も多い年は 2013年 の93件、最も少ない年は 2019年 の9件です。

過去5年間(2015〜2019年)の出願情報
指標
平均値 49.0
標準偏差 23.6
変動係数 0.5
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2019 年 9 -74.3 %
2018 年 35 -45.3 %
2017 年 64 -7.25 %

大正製薬株式会社 の特許出願傾向

大正製薬株式会社 の分析対象期間(2011〜2021年)の出願件数は 249件 です。

過去5年間の出願件数(2015〜2019年、計99件)の平均値は19.8件、中央値は23.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は0.4であり、年ごとの出願件数のばらつきは大きいです。

直近3年間(2017〜2019年)の出願件数は減少傾向です。 出願件数が最も多い年は 2012年 の40件、最も少ない年は 2019年 の7件です。

過去5年間(2015〜2019年)の出願情報
指標
平均値 19.8
標準偏差 7.5
変動係数 0.4
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2019 年 7 -56.2 %
2018 年 16 -30.4 %
2017 年 23 -14.81 %

メルク・シャープ・エンド・ドーム・コーポレイション の特許出願傾向

メルク・シャープ・エンド・ドーム・コーポレイション の分析対象期間(2011〜2021年)の出願件数は 48件 です。

過去10年間の出願件数(2010〜2019年、計77件)の平均値は7.7件、中央値は0.5件です。変動係数(標準偏差/平均値)は1.7であり、年ごとの出願件数のばらつきはかなり大きいです。

出願件数が最も多い年は 2011年 の38件、最も少ない年は 2014年 の0件です。

過去10年間(2010〜2019年)の出願情報
指標
平均値 7.7
標準偏差 13.2
変動係数 1.7
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2015 年 1 -
2014 年 0 -100 %
2013 年 3 -50.0 %

重要特許情報   (日本)

他の有機化合物及び無機化合物含有医薬技術 の保有日本特許のうち、第三者から無効審判請求や異議申立が提起された特許や、特許審査過程において審査官により引用された重要性が高い特許は以下の通りです。

用語解説

被引用
他の特許(日米欧)の審査過程の拒絶理由通知等に引用された特許(審査官引用)であることを示します。 被引用回数が多いほど、他の特許の拒絶理由通知において引用されたことを示し、重要性が高いと考えられます。
無効審判請求
特許を無効にするための手続きを第三者から請求されたことを示します。 第三者の事業に影響を与える可能性が高く、重要性が高いと考えられます。
異議申立
第三者が特許庁へ、特許の有効性に関して改めて審理するよう申し立てたことを示します。 無効審判同様、重要性が高いと考えられます。
情報提供
出願された特許に対して、第三者が審査に有益な情報を特許庁へ提供したことを示します。 通常、当該特許の権利化を妨げるために行うため、重要性が高いと考えられます。
閲覧請求
第三者が特許庁へ、特許の包袋(特許庁と出願人とが交わした文書一式)を閲覧を請求したことを示します。 無効審判、異議申立、情報提供に先立ち包袋を確認することが多く、重要性が高い特許であると考えられます。

被無効審判請求 特許

直近の 被無効審判請求特許 一覧

直近3年間(2018-01-01〜2020-12-31)に、第三者から 無効審判請求 された特許は 30件 ありました。平均無効審判請求数は 2.4回 です。 最も最近 無効審判請求 された特許は 特許6740497号「癌を治療するための方法及び組成物」(無効審判請求日 2020-10-12)、次は 特許4376630号「運動障害治療剤」(無効審判請求日 2020-08-31)です。

直近の無効審判請求 (2018-01-01〜2020-12-31)
- 特許番号 発明の名称 無効審判請求日
1 特許6740497 癌を治療するための方法及び組成物 2020-10-12
2 特許4376630 運動障害治療剤 2020-08-31
3 特許5612016 運動障害治療剤 2020-06-30
4 特許5907396 腫瘍融解症候群の治療薬及び予防薬 2020-04-28
5 特許5849946 放出制御医薬組成物 2020-04-16
6 特許6445123 癌を治療するための方法及び組成物 2020-04-01
7 特許4771937 重症心不全の治療方法およびその薬剤 2020-03-16
8 特許5705288 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2020-02-12
9 特許5906333 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2020-02-12
10 特許5969161 エルデカルシトールを含有する前腕部骨折抑制剤 2019-12-23

5件の特許を表示する  

被無効審判請求数 上位特許

直近10年間(2011-01-01〜2020-12-31)に出願された特許のうち、第三者により 無効審判請求 が1回以上なされた特許は 32件 ありました。平均無効審判請求数は 1.4回 です。 無効審判請求数が多い特許は 特許5643872号「二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物」(4回)、次に多い特許は 特許5267643号「ピタバスタチンカルシウム塩の保存方法」(3回)です。

10年間(2011-01-01〜2020-12-31) 無効審判請求数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許5643872 二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物 4
2 特許5267643 ピタバスタチンカルシウム塩の保存方法 3
3 特許5469706 新規な葉酸代謝拮抗薬の組み合わせ療法 3
4 特許5551658 パロノセトロン液状医薬製剤 2
5 特許5705288 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2

被異議申立 特許

直近の 被異議申立特許 一覧

直近3年間(2018-01-01〜2020-12-31)に、第三者から 異議申立 された特許は 55件 ありました。平均異議申立数は 1.0回 です。 最も最近 異議申立 された特許は 特許6694429号「上皮細胞増殖因子受容体キナーゼドメインにおける変異」(異議申立日 2020-11-13)、次は 特許6662970号「DPP IVインヒビターの使用」(異議申立日 2020-09-10)です。

直近の異議申立 (2018-01-01〜2020-12-31)
- 特許番号 発明の名称 異議申立日
1 特許6694429 上皮細胞増殖因子受容体キナーゼドメインにおける変異 2020-11-13
2 特許6662970 DPP IVインヒビターの使用 2020-09-10
3 特許6647430 アンチセンス核酸 2020-08-14
4 特許6646368 網膜保護組成物 2020-08-12
5 特許6643286 糖尿病療法 2020-08-07
6 特許6590860 アトロピン含有水性組成物 2020-04-16
7 特許6578778 固形組成物 2020-03-25
8 特許6588666 イミダゾールジペプチドを含む剤 2020-03-23
9 特許6577980 アピキサバン製剤 2020-03-17
10 特許6574867 銀ナノプレート組成物および方法 2020-03-11

5件の特許を表示する  

被情報提供 特許

直近の 被情報提供特許 一覧

直近3年間(2018-01-01〜2020-12-31)に、第三者から 情報提供 された特許は 245件 ありました。平均情報提供数は 1.7回 です。 最も最近 情報提供 された特許は 特開2018-048123号「外用組成物」(情報提供日 2020-12-25)、次は 特開2018-050603号「還元難消化性デキストリンを配合した飲料水の飲みやすさを向上させる方法、当該方法により飲みやすさを向上させた還元難消化性デキストリンを配合した飲料水、還元難消化性デキストリンを含む脂肪吸収抑制用の飲料水、及び、食事性の脂肪吸収を抑制するための方法」(情報提供日 2020-12-14)です。

直近の情報提供 (2018-01-01〜2020-12-31)
- 特許番号 発明の名称 情報提供日
1 特開2018-048123 外用組成物 2020-12-25
2 特開2018-050603 還元難消化性デキストリンを配合した飲料水の飲みやすさを向上させる方法、当該方法により飲みやすさを向上させた還元難消化性デキストリンを配合した飲料水、還元難消化性デキストリンを含む脂肪吸収抑制用の飲料水、及び、食事性の脂肪吸収を抑制するための方法 2020-12-14
3 特開2019-131474 ミノキシジル含有外用組成物 2020-12-07
4 特開2018-002658 経口組成物 2020-12-04
5 特開2018-020994 歯肉ケア剤及びそれを含有する歯肉ケア用口腔用組成物 2020-12-03
6 特表2017-537117 小さい活動性脈絡膜新生血管病変を有する加齢黄斑変性症の治療 2020-12-03
7 特開2019-151592 抗ウイルス剤 2020-11-27
8 再公表2018/047712 液体口腔用組成物 2020-11-27
9 特開2019-013247 経口用組成物 2020-11-10
10 特表2020-527334 マンノースオリゴ糖を含む組成物、ならびに同組成物の製造方法及び同組成物の使用 2020-11-10
11 特開2017-119669 異物感改善用眼科組成物 2020-11-09
12 特開2019-011370 エクオール含有組成物の製造方法 2020-11-06
13 再公表2018/190203 酸化防止剤分散物 2020-11-06
14 特開2017-178932 ビタミンD3安定化組成物 2020-11-05
15 特開2017-137302 ナルフラフィン含有口腔内崩壊錠 2020-11-04
16 特開2017-075145 眼科組成物 2020-11-02
17 特開2018-012681 経口組成物 2020-10-28
18 特開2016-084337 外用組成物 2020-10-23
19 特表2019-501913 エフィナコナゾールの合成方法 2020-10-16
20 特開2018-048124 外用組成物 2020-10-08

15件の特許を表示する  

被情報提供数 上位特許

直近10年間(2011-01-01〜2020-12-31)に出願された特許のうち、第三者により 情報提供 が1回以上なされた特許は 551件 ありました。平均情報提供数は 2.4回 です。 情報提供数が多い特許は 特許5643872号「二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物」(88回)、次に多い特許は 特許5699184号「二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物」(64回)です。

10年間(2011-01-01〜2020-12-31) 情報提供数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許5643872 二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物 88
2 特許5699184 二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物 64
3 特開2013-177461 二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物 42
4 特許5993336 二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物 32
5 特許5989319 睡眠の質改善剤 14

被閲覧請求 特許

直近の 被閲覧請求特許 一覧

直近3年間(2018-01-01〜2020-12-31)に、第三者から 閲覧請求 された特許は 1,210件 ありました。平均閲覧請求数は 3.9回 です。 最も最近 閲覧請求 された特許は 特開2018-150287号「不快な味がマスキングされた経口医薬組成物」(閲覧請求日 2020-12-28)、次は 特表2018-531963号「バルベナジン塩およびその多形体」(閲覧請求日 2020-12-28)です。

直近の閲覧請求 (2018-01-01〜2020-12-31)
- 特許番号 発明の名称 閲覧請求日
1 特開2018-150287 不快な味がマスキングされた経口医薬組成物 2020-12-28
2 特表2018-531963 バルベナジン塩およびその多形体 2020-12-28
3 特表2018-531981 神経学的疾患を処置するためのムスカリン受容体4(M4)アンタゴニストとしての、N−[2−(1−ベンジルピペリジン−4−イル)エチル]−4−(ピラジン−2−イル)−ピペラジン−1−カルボキサミド誘導体および関連化合物 2020-12-28
4 特開2019-178147 選択的GRP94阻害剤およびその使用 2020-12-28
5 特表2018-522038 がんの処置のための併用療法 2020-12-28
6 特表2017-522044 アンチセンス抗菌化合物および方法 2020-12-28
7 特表2017-506662 癌を処置するための併用方法 2020-12-28
8 特表2018-522055 がんを処置するためのサプレッサー細胞の近赤外光免疫療法(NIR−PIT) 2020-12-28
9 特表2019-527055 HIV予備免疫化および免疫療法 2020-12-28
10 特表2020-503380 蝸牛シナプス障害を処置する方法 2020-12-28
11 特表2018-507226 ACTH分泌腫瘍を処置するための糖質コルチコイドレセプターアンタゴニストおよびソマトスタチンアナログの使用 2020-12-24
12 特表2018-505262 高カリウム血症を処置するための組成物および方法 2020-12-24
13 特表2017-528489 変異イソクエン酸デヒドロゲナーゼ阻害剤としてのフェニルキノリノン誘導体 2020-12-24
14 特表2020-510070 ネココロナウイルス感染を処置する方法 2020-12-24
15 特表2018-527383 抗FOLR1免疫複合体を含む治療組み合わせ 2020-12-24
16 特開2019-141084 BAFF及びB7RP1に特異的なタンパク質及びその使用 2020-12-24
17 特表2017-534583 脳転移を治療するための方法 2020-12-23
18 特表2017-537124 リポソーマルイリノテカンによる乳がんの治療 2020-12-23
19 特表2018-531931 虚血組織に銅を送達するためのトリエンチンの使用 2020-12-23
20 特表2018-533941 コドン最適化された小型ATP7A cDNAおよび銅輸送障害を処置するための使用 2020-12-23

15件の特許を表示する  

被閲覧請求数 上位特許

直近10年間(2011-01-01〜2020-12-31)に出願された特許のうち、第三者により 閲覧請求 が1回以上なされた特許は 2,044件 ありました。平均閲覧請求数は 3.6回 です。 閲覧請求数が多い特許は 特許5699184号「二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物」(390回)、次に多い特許は 特許5993336号「二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物」(386回)です。

10年間(2011-01-01〜2020-12-31) 閲覧請求数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許5699184 二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物 390
2 特許5993336 二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物 386
3 特許5643872 二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物 360
4 特開2013-177461 二酸化炭素経皮・経粘膜吸収用組成物 252
5 再公表2013/187395 容易な服用性と分割性を有する錠剤 62

被引用 特許

被引用数 上位特許

直近10年間(2011-01-01〜2020-12-31)に出願された特許のうち、他の特許の審査過程において1回以上 引用 された特許は 6,957件 ありました。平均被引用数は 1.6回 です。 被引用数が多い特許は 特許5990057号「縮合複素環化合物及びその有害生物防除用途」(31回)、次に多い特許は 特許5427321号「2−(2,4,5−置換−アニリノ)ピリミジン化合物」(21回)です。

10年間(2011-01-01〜2020-12-31) 被引用数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許5990057 縮合複素環化合物及びその有害生物防除用途 31
2 特許5427321 2−(2,4,5−置換−アニリノ)ピリミジン化合物 21
3 特許5853669 縮合複素環化合物及びその有害生物防除用途 20
4 特許5972864 ピロロベンゾジアゼピン及びそれらのコンジュゲート 17
5 特表2015-513394 二重特異性キメラ抗原受容体およびその治療的使用 14

コンテンツについて

データ、文書、図表類に関する権利は全て「統合特許検索・分析サービス Patent Integration」に帰属します。 社内資料、社外報告資料等(有償・無償問わず)に掲載する際は出典「Patent Integration Report, URL: https://patent-i.com/」を明記の上、ご利用くださいますようお願いいたします。

特許データは最新の特許庁発行の特許データに基づき集計・解析・分析を行っています。 掲載・分析結果については十分気をつけておりますが、データの正否については保証しておりません。 ご理解の上、ご利用をお願いいたします。

意見・要望 募集中

本サービスは特許データベース会社「Patent Integration」が提供する特許分析レポートサービスです。 現在ベータサービスとして提供しております。
今後の機能拡張のためユーザーの皆様よりご意見・ご要望を広く募集しております。 本サービスについてお気づきの点がございましたら、「お問い合わせ」よりお気軽にお知らせください。