最終更新日:2020/10/03

突然変異または遺伝子工学技術 (特許分析レポート・日本)

突然変異または遺伝子工学技術[テーマコード 4B024]の過去10年間(2010-01-01〜2020-09-30)の特許検索結果[特許データベース 日本]を対象とした特許分析情報(パテントマップ、特許マップ)を提供しています。競合各社の特許出願動向を比較したり、重要特許を調べることができます。

本サービスは特許データベース会社「Patent Integration」が提供する特許分析レポートサービスです。 特許調査・分析業務に活用いただくことを目的として、現在ベータサービスとして提供しております。

保有特許の全体像は、特許 テキストマイニング技術を用いて作成された「パテント・ランドスケープ」により俯瞰することができます。

外国特許分析レポート

「突然変異または遺伝子工学技術」について、以下の外国特許分析レポートが見つかりました。 クリックすることで各国の特許出願動向を簡単に確認することができます。

各国の特許出願動向
国名 出願人・権利者名

突然変異または遺伝子工学技術の特許出願概要   (日本)

出願件数が最も多い年は 2010年 の3,639件、最も少ない年は 2017年 の0件です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計4,693件)の平均値は939件、中央値は320件です。変動係数(標準偏差/平均値)は1.1であり、年ごとの出願件数のばらつきはかなり大きいです。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 939
標準偏差 1,061
変動係数 1.1

直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2016 年 320 -81.8 %
2015 年 1,756 -32.9 %
2014 年 2,617 -24.76 %

突然変異または遺伝子工学技術 日本特許件数 推移

突然変異または遺伝子工学技術 の過去 20年間 の特許出願件数推移(日本)は以下の通りです。

グラフ種は左上のメニューから選択できます。 データはクリップボード、CSV形式、TSV形式でファイル出力できます。 また、グラフ画像をSVG、PNG、JPG形式でファイル出力できます。 データを利用する際の利用条件は「コンテンツについて」をご確認ください。

パテント・ランドスケープ   ({{ld.d.db_name|country_map}})

突然変異または遺伝子工学技術 が保有する過去 10年間、{{ld.d.dlcnt|number}}件の{{ld.d.db_name|country_map}}特許の全体像をパテント・ランドスケープ機能により俯瞰できます。 ヒートマップはキーワードに関連するそれぞれの特許出願状況(注力領域)を表現しており、赤い領域ほど多くの特許出願がなされていることを意味します。 出願年でフィルタすることにより、過去の出願傾向(注力してきた技術領域)の変遷を確認することができます。

特徴語 (重要度)

突然変異または遺伝子工学技術 の特許出願によく使われている「単語(特徴語)」は以下の通りです。 重要度が高い特徴語ほど多くの特許に使われています。

{{item.label}} ({{ld.floor(item.weight * 100 / ld.word_weight_max)}})

検索集合 (分析対象)

本特許分析レポートは、以下の特許データベースを用いて、以下の検索式・分析期間により検索された「18,678件」の特許検索集合を対象に作成されたものです。 特許分析結果、パテントマップなどの特許情報は、特許調査業務など自由にご利用いただけます。

特許データベース
日本公開・公表・再公表・登録特許
特許検索式
テーマコード:
突然変異または遺伝子工学技術[テーマコード 4B024]
特許分析期間
2010-01-01〜2020-09-30
対象件数
18,678

分析結果は各国特許庁発行の特許公報データに基づき算定しています。

上位企業 情報  (日本)

技術テーマ「突然変異または遺伝子工学技術」における上位出願人の特許情報は以下の通りです。各企業の特許件数を比較することで、過去および現在の各社の技術テーマにおける研究開発状況や、技術テーマにおける各社の位置付けを確認することができます。

対象期間(2010〜2020年)の特許出願傾向

上位出願人のうち、対象期間(2010〜2020年)において、出願件数が最も多いのは ジェネンテックインコーポレイテッド の262件、次に多いのは 国立研究開発法人産業技術総合研究所 の237件です。

上位企業 日本特許件数 推移

突然変異または遺伝子工学技術 の過去20年間の 上位出願人7社 の日本特許の出願件数推移を示すパテントマップは以下の通りです。

グラフ種は左上のメニューから選択できます。 データはクリップボード、CSV形式、TSV形式でファイル出力できます。 また、グラフ画像をSVG、PNG、JPG形式でファイル出力できます。 データを利用する際の利用条件は「コンテンツについて」をご確認ください。

上位企業 詳細   (日本)

国立研究開発法人科学技術振興機構 の特許出願傾向

国立研究開発法人科学技術振興機構 の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 53件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計4件)の平均値は0.8件、中央値は0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は1.2であり、年ごとの出願件数のばらつきはかなり大きいです。

出願件数が最も多い年は 2010年 の21件、最も少ない年は 2016年 の0件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 0.8
標準偏差 1.0
変動係数 1.2
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2015 年 2 0
2014 年 2 -71.4 %
2013 年 7 0

国立研究開発法人産業技術総合研究所 の特許出願傾向

国立研究開発法人産業技術総合研究所 の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 237件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計58件)の平均値は11.6件、中央値は1.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は1.2であり、年ごとの出願件数のばらつきはかなり大きいです。

出願件数が最も多い年は 2010年 の57件、最も少ない年は 2017年 の0件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 11.6
標準偏差 14.2
変動係数 1.2
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2016 年 1 -95.7 %
2015 年 23 -32.4 %
2014 年 34 -12.82 %

ジェネンテックインコーポレイテッド の特許出願傾向

ジェネンテックインコーポレイテッド の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 262件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計71件)の平均値は14.2件、中央値は6.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は1.1であり、年ごとの出願件数のばらつきはかなり大きいです。

出願件数が最も多い年は 2013年 の52件、最も少ない年は 2017年 の0件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 14.2
標準偏差 15.1
変動係数 1.1
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2016 年 6 -80.6 %
2015 年 31 -8.82 %
2014 年 34 -34.6 %

国立研究開発法人理化学研究所 の特許出願傾向

国立研究開発法人理化学研究所 の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 131件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計33件)の平均値は6.6件、中央値は1.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は1.2であり、年ごとの出願件数のばらつきはかなり大きいです。

出願件数が最も多い年は 2011年 の27件、最も少ない年は 2017年 の0件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 6.6
標準偏差 8.1
変動係数 1.2
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2016 年 1 -91.7 %
2015 年 12 -40.0 %
2014 年 20 -23.08 %

味の素株式会社 の特許出願傾向

味の素株式会社 の分析対象期間(2010〜2020年)の出願件数は 105件 です。

過去5年間の出願件数(2014〜2018年、計30件)の平均値は6.0件、中央値は1.0件です。変動係数(標準偏差/平均値)は1.2であり、年ごとの出願件数のばらつきはかなり大きいです。

出願件数が最も多い年は 2013年 の22件、最も少ない年は 2017年 の0件です。

過去5年間(2014〜2018年)の出願情報
指標
平均値 6.0
標準偏差 7.1
変動係数 1.2
直近3年間の出願傾向
件数 前年比
2016 年 1 -91.7 %
2015 年 12 -29.41 %
2014 年 17 -22.73 %

重要特許情報   (日本)

突然変異または遺伝子工学技術 の保有日本特許のうち、第三者から無効審判請求や異議申立が提起された特許や、特許審査過程において審査官により引用された重要性が高い特許は以下の通りです。

用語解説

被引用
他の特許(日米欧)の審査過程の拒絶理由通知等に引用された特許(審査官引用)であることを示します。 被引用回数が多いほど、他の特許の拒絶理由通知において引用されたことを示し、重要性が高いと考えられます。
無効審判請求
特許を無効にするための手続きを第三者から請求されたことを示します。 第三者の事業に影響を与える可能性が高く、重要性が高いと考えられます。
異議申立
第三者が特許庁へ、特許の有効性に関して改めて審理するよう申し立てたことを示します。 無効審判同様、重要性が高いと考えられます。
情報提供
出願された特許に対して、第三者が審査に有益な情報を特許庁へ提供したことを示します。 通常、当該特許の権利化を妨げるために行うため、重要性が高いと考えられます。
閲覧請求
第三者が特許庁へ、特許の包袋(特許庁と出願人とが交わした文書一式)を閲覧を請求したことを示します。 無効審判、異議申立、情報提供に先立ち包袋を確認することが多く、重要性が高い特許であると考えられます。

被無効審判請求 特許

直近の 被無効審判請求特許 一覧

直近3年間(2017-10-01〜2020-09-30)に、第三者から 無効審判請求 された特許は 7件 ありました。平均無効審判請求数は 1.4回 です。 最も最近 無効審判請求 された特許は 特許5705288号「プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質」(無効審判請求日 2020-02-12)、次は 特許5906333号「プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質」(無効審判請求日 2020-02-12)です。

直近の無効審判請求 (2017-10-01〜2020-09-30)
- 特許番号 発明の名称 無効審判請求日
1 特許5705288 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2020-02-12
2 特許5906333 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2020-02-12
3 特表2013-541936 PIVKA−IIに関する抗体およびその使用 2019-10-29
4 特許6126983 真核細胞におけるエキソンスキッピングの誘導 2018-11-30
5 特許5550350 第VIII因子とその誘導体の製造及び精製方法 2018-09-07
6 特許5818237 N−メチルアミノ酸およびその他の特殊アミノ酸を含む特殊ペプチド化合物ライブラリーの翻訳構築と活性種探索法 2018-08-10
7 特許5133962 イオン交換クロマトグラフィによるタンパク質精製 2017-12-11

2件の特許を表示する  

被無効審判請求数 上位特許

直近10年間(2010-10-01〜2020-09-30)に出願された特許のうち、第三者により 無効審判請求 が1回以上なされた特許は 9件 ありました。平均無効審判請求数は 1.2回 です。 無効審判請求数が多い特許は 特許5705288号「プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質」(2回)、次に多い特許は 特許5906333号「プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質」(2回)です。

10年間(2010-10-01〜2020-09-30) 無効審判請求数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許5705288 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2
2 特許5906333 プロタンパク質コンベルターゼスブチリシンケクシン9型(PCSK9)に対する抗原結合タンパク質 2
3 特許5503698 複数分子の抗原に繰り返し結合する抗原結合分子 1
4 特許6126983 真核細胞におけるエキソンスキッピングの誘導 1
5 特許5463378 核酸分解処理装置 1

被異議申立 特許

直近の 被異議申立特許 一覧

直近3年間(2017-10-01〜2020-09-30)に、第三者から 異議申立 された特許は 16件 ありました。平均異議申立数は 1.0回 です。 最も最近 異議申立 された特許は 特許6643083号「組み換え代謝微生物およびその使用」(異議申立日 2020-08-05)、次は 特許6545621号「遺伝子産物の発現を変更するためのCRISPR−Cas系および方法」(異議申立日 2020-01-17)です。

直近の異議申立 (2017-10-01〜2020-09-30)
- 特許番号 発明の名称 異議申立日
1 特許6643083 組み換え代謝微生物およびその使用 2020-08-05
2 特許6545621 遺伝子産物の発現を変更するためのCRISPR−Cas系および方法 2020-01-17
3 特許6574385 神経膠腫および腫瘍のサブセットにおけるTERTプロモーター変異 2019-12-12
4 特許6529907 マイコプラズマ・ニューモニエの免疫学的検出法およびキット 2019-12-12
5 特許6493209 核酸増幅法 2019-10-03
6 特許6397335 RNF43変異ステータスを利用したWntシグナル伝達阻害剤の投与のためのがん患者選択法 2019-03-26
7 特許6348064 効率の高いトランスジーン送達のためのウイルスベクター 2018-12-27
8 特許6338235 低分子化抗体のスクリーニング方法及び製造方法 2018-12-05
9 特許6280869 工業的な医薬用途に適合する拡張可能なレンチウイルスベクター製造システム 2018-08-14
10 特許6275145 まれな変異およびコピー数多型を検出するためのシステムおよび方法 2018-08-07

5件の特許を表示する  

被情報提供 特許

直近の 被情報提供特許 一覧

直近3年間(2017-10-01〜2020-09-30)に、第三者から 情報提供 された特許は 24件 ありました。平均情報提供数は 2.2回 です。 最も最近 情報提供 された特許は 特開2017-071590号「含繊維結晶、含繊維結晶の製造方法、含繊維結晶の製造装置および薬剤ソーキング装置」(情報提供日 2020-06-29)、次は 特開2017-086016号「メロン植物のうどんこ病抵抗性マーカー、うどんこ病抵抗性メロン植物、およびそれを用いたうどんこ病抵抗性メロン植物の製造方法」(情報提供日 2020-02-18)です。

直近の情報提供 (2017-10-01〜2020-09-30)
- 特許番号 発明の名称 情報提供日
1 特開2017-071590 含繊維結晶、含繊維結晶の製造方法、含繊維結晶の製造装置および薬剤ソーキング装置 2020-06-29
2 特開2017-086016 メロン植物のうどんこ病抵抗性マーカー、うどんこ病抵抗性メロン植物、およびそれを用いたうどんこ病抵抗性メロン植物の製造方法 2020-02-18
3 特許6718659 極晩抽性アブラナ科植物を生産するための親系統のスクリーニング方法、およびそれを用いた極晩抽性アブラナ科植物の製造方法 2019-12-12
4 特許6749745 アマドリアーゼ含有組成物の安定化方法、熱安定性が向上したアマドリアーゼ含有組成物及びこれを用いた糖化ヘモグロビン測定用組成物 2019-11-26
5 特開2016-166173 PD−1、B7−4の受容体、およびその使用 2019-11-25
6 特許6599767 芳香族ポリエステル分解酵素及び該酵素を用いた芳香族ポリエステル分解方法 2019-07-09
7 特許6587087 FAS2タンパク質,FAS2遺伝子及びカプリル酸高生産性酵母 2019-06-11
8 特開2015-231359 ホウレンソウにおけるペロノスポラ耐性のための組成物及び方法 2019-04-18
9 特許6600861 固相反応チップ及びこれを用いた測定方法 2019-03-12
10 特開2016-010338 核酸検出用デバイス 2018-09-07
11 特許6426567 クリーンな味を産み出す酵素調製物 2018-09-04
12 特許6569203 グルコースセンサによるグルコース測定方法 2018-09-04
13 特許6529907 マイコプラズマ・ニューモニエの免疫学的検出法およびキット 2018-09-03
14 特許6481192 クドア・セプテンプンクタータの迅速検出法 2018-08-24
15 特許6412497 トマト植物のネコブセンチュウ抵抗性マーカー、ネコブセンチュウ抵抗性トマト植物、ネコブセンチュウ抵抗性トマト植物の製造方法、およびネコブセンチュウ抵抗性トマト植物のスクリーニング方法 2018-08-10
16 特許6655302 被検対象の検出方法並びにそのための免疫測定器具及びモノクローナル抗体 2018-07-13
17 特許6641179 トランスガラクトシル化活性を有するポリペプチド 2018-07-03
18 特表2016-518829 選択的オートファジー経路の不活性化成分を含む糸状真菌細胞及びその使用方法 2018-06-28
19 特開2015-166340 フィラグリン遺伝子およびカスパーゼ−14遺伝子の発現促進剤ならびに幹細胞因子の産生抑制剤 2018-05-08
20 特許6446907 食中毒原因菌を分離検出する方法 2017-12-14

15件の特許を表示する  

被情報提供数 上位特許

直近10年間(2010-10-01〜2020-09-30)に出願された特許のうち、第三者により 情報提供 が1回以上なされた特許は 88件 ありました。平均情報提供数は 2.2回 です。 情報提供数が多い特許は 特許6426567号「クリーンな味を産み出す酵素調製物」(6回)、次に多い特許は 特許6402347号「核酸の検出又は定量方法及び検出又は定量用試薬キット」(6回)です。

10年間(2010-10-01〜2020-09-30) 情報提供数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許6426567 クリーンな味を産み出す酵素調製物 6
2 特許6402347 核酸の検出又は定量方法及び検出又は定量用試薬キット 6
3 特開2012-139541 三次元組織構造体 6
4 特許6529907 マイコプラズマ・ニューモニエの免疫学的検出法およびキット 6
5 特開2014-196343 α−ガラクトシダーゼA欠損症の治療 4

被閲覧請求 特許

直近の 被閲覧請求特許 一覧

直近3年間(2017-10-01〜2020-09-30)に、第三者から 閲覧請求 された特許は 296件 ありました。平均閲覧請求数は 3.1回 です。 最も最近 閲覧請求 された特許は 特許5503021号「標的核酸の検出方法」(閲覧請求日 2020-09-17)、次は 特許5932808号「標的核酸の検出方法」(閲覧請求日 2020-09-17)です。

直近の閲覧請求 (2017-10-01〜2020-09-30)
- 特許番号 発明の名称 閲覧請求日
1 特許5503021 標的核酸の検出方法 2020-09-17
2 特許5932808 標的核酸の検出方法 2020-09-17
3 特許6001374 標的核酸の検出方法及びそれに用いるキット 2020-09-17
4 特表2016-518829 選択的オートファジー経路の不活性化成分を含む糸状真菌細胞及びその使用方法 2020-09-03
5 再公表2015/083764 化合物の濃度に応じて抗原結合能の変化する抗原結合分子及びそのライブラリ 2020-08-19
6 特許5273746 改善された薬物動態特性を有する改変キメラポリペプチド 2020-07-31
7 特許4723140 改善された薬物動態特性を有する改変キメラポリペプチド 2020-07-31
8 特開2017-071590 含繊維結晶、含繊維結晶の製造方法、含繊維結晶の製造装置および薬剤ソーキング装置 2020-07-07
9 特許6145667 アロディニア、痛覚過敏、自発痛、及び幻痛の治療 2020-07-03
10 特許5159730 モノクローナル抗体 2020-06-01
11 特表2013-501525 最小CDRを有する抗体を産生するトランスジェニック動物 2020-05-21
12 特表2014-510898 エンドトキシン測定剤 2020-05-13
13 特許5054975 アデノ随伴ウイルス(AAV)の同源系統群、配列、それらを含有するベクターおよびそれらの用途 2020-04-13
14 特許6353838 IL−4Rアンタゴニストを投与することによるアトピー性皮膚炎を処置するための方法 2020-03-26
15 特表2016-520519 治療用酸性セラミダーゼ組成物ならびにそれを作製および使用する方法 2020-03-18
16 特許4997239 抗CD26抗体およびその使用方法 2020-03-17
17 特開2017-086016 メロン植物のうどんこ病抵抗性マーカー、うどんこ病抵抗性メロン植物、およびそれを用いたうどんこ病抵抗性メロン植物の製造方法 2020-03-10
18 特許6529907 マイコプラズマ・ニューモニエの免疫学的検出法およびキット 2020-03-05
19 特許6216444 アポリポタンパク質(a)発現を調節するための組成物および方法 2020-03-04
20 特許6082809 アポリポタンパク質(a)発現を調節するための方法および組成物 2020-03-04

15件の特許を表示する  

被閲覧請求数 上位特許

直近10年間(2010-10-01〜2020-09-30)に出願された特許のうち、第三者により 閲覧請求 が1回以上なされた特許は 788件 ありました。平均閲覧請求数は 2.7回 です。 閲覧請求数が多い特許は 特開2012-139541号「三次元組織構造体」(42回)、次に多い特許は 特許6039531号「クリーンな味を産み出す酵素調製物」(34回)です。

10年間(2010-10-01〜2020-09-30) 閲覧請求数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特開2012-139541 三次元組織構造体 42
2 特許6039531 クリーンな味を産み出す酵素調製物 34
3 特許5832952 抗−TNFα抗体の投与方法 28
4 特開2015-107131 ADAM6マウス 24
5 特許6327750 ヒト化軽鎖マウス 20

被引用 特許

被引用数 上位特許

直近10年間(2010-10-01〜2020-09-30)に出願された特許のうち、他の特許の審査過程において1回以上 引用 された特許は 3,441件 ありました。平均被引用数は 1.6回 です。 被引用数が多い特許は 特許5947311号「癌を治療するためのキメラ抗原受容体改変T細胞の使用」(23回)、次に多い特許は 特許5837504号「B7−H1に対する標的結合剤」(12回)です。

10年間(2010-10-01〜2020-09-30) 被引用数上位特許
- 特許番号 発明の名称 回数
1 特許5947311 癌を治療するためのキメラ抗原受容体改変T細胞の使用 23
2 特許5837504 B7−H1に対する標的結合剤 12
3 特許5948319 腫瘍特異的なネオ抗原を同定する組成物および方法 11
4 特表2015-513394 二重特異性キメラ抗原受容体およびその治療的使用 11
5 特許5867668 熱サイクル装置及び熱サイクル方法 11

コンテンツについて

データ、文書、図表類に関する権利は全て「統合特許検索・分析サービス Patent Integration」に帰属します。 社内資料、社外報告資料等(有償・無償問わず)に掲載する際は出典「Patent Integration Report, URL: https://patent-i.com/」を明記の上、ご利用くださいますようお願いいたします。

特許データは最新の特許庁発行の特許データに基づき集計・解析・分析を行っています。 掲載・分析結果については十分気をつけておりますが、データの正否については保証しておりません。 ご理解の上、ご利用をお願いいたします。

意見・要望 募集中

本サービスは特許データベース会社「Patent Integration」が提供する特許分析レポートサービスです。 現在ベータサービスとして提供しております。
今後の機能拡張のためユーザーの皆様よりご意見・ご要望を広く募集しております。 本サービスについてお気づきの点がございましたら、「お問い合わせ」よりお気軽にお知らせください。