パテントマップ
English  中文  台灣  한글  Deutsch  Français  Sueco  Finlandês  Italiano  Español  Português  हिन्दी  Russian  עברית  Arabic
  1. パテントマップ

パテントマップ(特許マップ)機能

他社の技術動向・開発動向を調べる上で特許分析は重要であるものの、形式的なパテントマップの作成ですら手間のかかる作業であったため、現状、殆どの知財担当者・弁理士は特許分析を殆ど、または全く行っていません。

パテント・インテグレーションは数百件〜数百万件の特許情報を書誌(特許出願日、特許公開日などの日付情報、特許出願人・特許発明者などの人物情報、国際特許分類(IPC分類)・USC分類などの特許分類)に基づき簡単に自社・他社の技術動向(特許動向)を把握するのに役立つパテントマップ(特許マップ)を生成する機能を備えたソフトウェアです。

パテントマップ作成機能は以下の優れた機能を備えています。

  • パテントマップを作成する特許検索母集団に適した系列を候補として表示・選択できる機能を備えています。例えば、特許検索母集団の特許出願日全期間に渡って上位特許出願人10位の特許出願動向を表すパテントマップを作成したい場合もパテント・インテグレーションは上位特許出願人10位を特定し簡単にパテントマップを作成することができます。一方、単純な特許データベースを使うのみでは特許検索母集団からどのようなパテントマップを作成すべきかを決めるのは大変困難です。
  • パテント・インテグレーションの特許分析対象の件数には上限がなく、公開特許公報全件を対象としたパテントマップを作成することができます
  • プロットされたパテントマップをクリックすることにより各点に応じた特許を簡単に閲覧することができます。大局的な特許分析から、個別特許の精査まで行うことにより品質の高いパテントマップを作成することができます。
  • パテント・インテグレーションは特許分類を適切に扱ったパテントマップを作成できます
    • 例えばFI分類であれば、セクション、クラス、サブクラス、メイングループ、サブグループ、展開記号、ファセット記号、展開記号+ファセット記号の任意の分類階層で母集団を特許分析しパテントマップを作成できます。これにより、パテント・インテグレーションのパテントマップ機能は様々なスケールのデータ〜例えば、家電機器・精密機器メーカー全ての特許(数十万件〜数百万件)から、大学の保有する特許(数百件)のオーダーまで、任意の適した階層でパテントマップを作成し特許分析を行うことができます。
    • 特許分類の包含関係も考慮して集計しています。例えば、特許分類は同一階層であっても同一階層の他の分類を包含している場合があります、例えばFターム2C005「クレジットカード等」の場合を例として上げると、2C005HB00「用途」は同一階層の分類2C005HB01「・身分証明書」から2C005HB20「・その他」までの19分類を包含しているため、分類2C005HB00に属する特許出願件数を集計しようとすると本来であれば2C005HB01〜2C005HB20の分類がふられている特許も集計する必要があります。一部のパテントマップソフトウェアはそういった特許分類の包含関係を適切に考慮しておらず、2C005HB00に属する出願件数が2C005HB01に属する特許出願件数よりも少ないといった間違った集計を行っているパテントマップソフトウェアもあります。パテント・インテグレーションは特許分類の包含関係を考慮し適切な特許出願件数を集計しパテントマップを作成します。
    • 特許分類の定義・解説をパテントマップの系列に合わせて表示します。特許分類は、単に分類名を見るのみでは殆どの知財担当者・技術者は理解できません。パテント・インテグレーションは作成したパテントマップの特許分類名に定義・解説を沿えることにより一層活用しやすいパテントマップを提供することができます。

パテントマップウィザード

作成するパテントマップの設定はパテントマップウィザードで設定することができます。

パテントマップウィザード

パテントマップ(特許マップ)

作成したパテントマップはチャート種別を設定したり、PDF出力、印刷することができます。また、作成したパテントマップから特許文献を簡単に閲覧することもできます。

パテントマップ(特許マップ)

パテントマップの作り方

パテントマップ機能は「特許検索機能」により作成された特許検索母集団に対して利用することができます。ここでは、電機主要各社(ソニー、松下、東芝、シャープ、三洋、日立)により特許出願された公開特許公報に対してパテントマップを作成してみましょう。まず、今回のパテントマップ作成対象のソニー、松下、東芝、シャープ、三洋、日立を対象として特許出願人フィールドに対しORで特許検索を行います

電機主要各社の特許検索
特許検索を行うと、左側の特許検索結果コントロール特許検索の結果が表示されます。次に、特許検索母集団の「MENU」から「マップ」(パテントマップ、特許マップ)を選択します パテントマップ(特許マップ)の作成

パテントマップウィザード

「マップ」を選択すると、パテントマップ機能に推移し「パテントマップウィザード」画面が立ち上がります。パテントマップの種類は、現在1次元と2次元の2種類から選択することができます。今回は1次元のパテントマップを作成します。

パテントマップウィザード

次にx軸を設定しましょう。軸は下記から選ぶことができます。今回は特許出願日で電機主要各社の特許出願件数推移のパテントマップを作成してみましょう。

作成するパテントマップの系列の指定
パテントマップ機能でプロットできる系列
種類説明備考
出願日特許出願日に基づきプロットします
公開日特許公開日に基づきプロットします
登録日特許登録日に基づきプロットします日米登録特許公報でのみ使用可能
出願人特許出願人に基づきプロットします
発明者特許発明者氏名に基づきプロットします
代理人代理人(弁理士・特許弁護士)氏名に基づきプロットします
FI分類FI分類の各階層に基づきプロットします日本特許文献でのみ使用可能
fタームFタームの各階層に基づきプロットします日本特許文献でのみ使用可能
IPC8IPC8(国際特許分類)の各階層に基づきプロットします米国特許文献でのみ使用可能
USCUSクラスの各階層に基づきプロットします米国特許文献でのみ使用可能

どのような期間で特許出願件数をプロットしたパテントマップを作成するのが適切でしょうか?パテント・インテグレーションは特許検索母集団に含まれる特許出願日などの期間を自動で候補として設定する機能を備えています。「候補表示」ボタンをクリックしてみましょう。すると、開始年月日が1976年1月、終了年月日が2008年1月と自動で設定されました。これは、今回の特許検索母集団の特許出願日はすべて1976年1月から2008年1月までの期間に含まれていることを示します。

特許出願日期間の指定

軸として日付属性(特許出願日、特許公開日、特許登録日)を選択した場合はパテントマップ作成時の描画単位(期間)も細かに設定することができます。デフォルトは1年ですが、例えば直近3年程度の特許出願動向推移のパテントマップを作成したいときには描画単位を3月とすることで、3ヶ月単位のきめ細かな特許出願動向推移を表すパテントマップを作ることができます。今回はデフォルトの1年単位でパテントマップを作成してみましょう。

x軸の設定ができたのでパテントマップウィザード一番下の「描画」ボタンをクリックするとパテントマップの作成を開始します。

パテントマップの作成

パテントマップの作成

パテントマップウィザードで描画ボタンをクリックすると、しばらく待った後パテントマップが作成されます。1990年以降から特許出願数が急激に立ち上がっているように感じられますが、日本の公開特許公報の特許データベース収録文献は1993年以降に特許公開されたものであるため1992年以前に特許公開された特許文献がカウントされていないことに起因しています。ただ、1993年以降の出願動向推移をパテントマップから見る限り全体的な特許出願件数は下落傾向にあると言えるでしょう。

電機主要各社の特許出願件数の推移

作成されたパテントマップは全て特許検索母集団とひも付けてローカルのデータベースへ格納されます。保存されたパテントマップには「特許検索結果コントロール」の「履歴管理」ボタンから簡単にアクセスすることができます。各パテントマップには「メモ」を設定することができ、各種パテントマップは検索母集団と紐づけて体系的に管理することができます。

パテントマップの管理

パテントマップのチャート種別の選択

パテントマップのチャート種別は下記より選択することができます

パテントマップのチャート種別
種類 説明 備考
折れ線チャート各点を直線でつないだチャートです。特許出願日などの連続的に変化する量のパテントマップ作成に適しています
面チャート折れ線チャートの領域を塗り潰したチャートです。2以上の折れ線チャートのシェア推移などを特許分析するためのパテントマップに適しています※y軸系列の描画方法選択可能
棒チャート頻度を棒の長さで表現したチャートです。さまざまなデータの特許分析のためのパテントマップに適しています※y軸系列の描画方法選択可能
バブルチャート頻度を円の大きさで表現したチャートです。多くの系列を俯瞰し特許分析するためのパテントマップに適しています
パイチャート頻度の割合を円弧の割合で表現したものです。系列の割合を視覚的に理解するためのパテントマップに適しています1次元でのみ使用可能

特許チャートの例

  • 折れ線チャート
パテントマップ折れ線チャート
  • 面チャート
パテントマップ面チャート
  • 棒チャート
パテントマップ棒チャート
  • バブルチャート
パテントマップバブルチャート
  • パイチャート
パテントマップパイチャート

パテントマップからの各特許文献の閲覧

パテントマップのプロットされた各点をクリックすることにより簡単に各点に含まれる特許文献を閲覧することができます。たとえば、2006年1月の点をクリックすると、

特許文献の閲覧

特許出願日が2006年1月〜2007年1月に含まれる特許文献の一覧が右端に表示されます。なお、このパネルは右上のボタンを押すことにより開閉可能です。

特許文献の一覧表示

一覧表示された特許文献は、文書アイコンをクリックすることにより特許文献を閲覧することができます。また、メモやしおり、レーティング、ブックマークなども設定することができます。さらに、興味がある場合は特許文献全文を閲覧することも可能です。

特許文献の閲覧
特許文献の閲覧

「フィルタ」ボタンをクリックすることにより、一覧表示機能と同じく特許文献をレーティングやブックマークなどの各種条件でフィルタリングしたり、新たな特許母集団を簡単に作成することができます。

特許文献のフィルタリング

各種機能

パテントマップへメモを設定する

一つの特許検索母集団に対し複数のパテントマップを作成する場合は、メモを設定することにより簡単にパテントマップを管理することができます。

メモを設定するには、左上のパテントマップ名(S母集団-ID:マップID)が記載されたボタンをクリックします。なお、このボタンは既にメモが設定されているパテントマップの場合には赤色になり、マウスをのせることでパテントマップに設定されたメモを確認することができます。

パテントマップメモ機能
パテントマップメモ機能

パテントマップをPDF出力したり、印刷したりする

画面右上の「PDF出力」ボタン、「印刷」ボタンをクリックすることにより描画されたパテントマップを簡単にPDFとして保存したり、印刷したりすることができます。

パテントマップのPDF出力、印刷

バージョン1.1.0からパテントマップのPDF出力、印刷時の倍率設定を133%、100%、80%、67%から選択できるようになりました。

パテントマップのPDF出力、印刷

PDF出力の倍率は下記のようになります。

133%
100%
80%
67%

パテントマップのデータを表計算ソフトへコピーする

パテントマップ機能を使って集計したデータを例えばExcelなどの他の分析ソフトウェアで利用したいシーンがあるかもしれません。例えば、企業の特許出願数推移と売上、営業利益推移を比較したい場合などです。そういった場合には、グリッド表示タブをクリックすることにより、集計したデータを表計算ソフトウェアで利用することができます。グリッド表示タブの右上に配置された「クリップボードへコピー」ボタンを押すと、表示されている集計表をクリップボードへコピーすることができます。

パテントマップのデータを表計算ソフトへコピーする

コピーした表は、たとえばOpenOfficeなどの表計算ソフトへそのままペーストし利用することができます。

パテントマップのデータをクリップボードへコピーする