更新日:2023/10/03

日本ライフライン株式会社

このページでは、商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、特許庁発行の275件の、商標公報データに基づく商標(商標出願・登録商標)の情報を提供しています。商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)、指定商品・指定役務(サービス)、類似群コード、称呼(呼称)・ネーミング、文字商標、商標の手続きを行っている弁理士・特許事務所など、商標に関する情報を調べることができます。

商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」において、どのような企業・組織が商標(商標出願・登録商標)を保有しているのか、どのような指定商品・指定役務(サービス)が指定されているのか、どのような称呼(呼称)・ネーミングの商標(商標出願・登録商標)があるのか、どのような文字商標の商標(商標出願・登録商標)があるのか、どのような弁理士・特許事務所が手続きを行っているのか、商標情報を調査することができます。

記事監修:西野 吉徳
【監修者】

Authense弁理士法人 弁理士(特定侵害訴訟代理業務付記)

西野 吉徳 (監修者)

パナソニック株式会社(旧松下電器産業株式会社)において、商標マネジメントとブランドマネジメントを担当。2017年から都内の特許事務所で外国商標を担当。
2022年からAuthense弁理士法人(旧はつな弁理士法人)に勤務、国内外の商標案件と商標コンサルティングを担当。企業の商標マネジメントに精通。

記事監修:大瀬 佳之
【監修者】

パテント・インテグレーション株式会社 CEO/弁理士

大瀬 佳之 (監修者)

IoT・サービス関連の特許実務を専門とする弁理士。 企業向けオンライン学習講座のUdemyにおいて、受講者数3,044人以上、レビュー数639以上の知財分野ではトップクラスの講師。
Udemyでは受講者数1,382人以上の『初心者でもわかる特許の書き方講座』、受講者数1,801人以上の『はじめて使うChatGPT講座』を提供。

商標登録は早いもの勝ちです

商標は、商品やサービスのブランドを強化する重要なシンボルです。しかし、知財(知的財産)に詳しくない方々に意外な事実が一つあります。それは「商標登録は、原則、早いもの勝ち」ということです。例えば、ある商品やサービスの名称を何十年も前から使用していても、他人が商標登録してしまうとその名称を使用できなくなってしまいます。長年愛用してきた『ネーミング』が、突如使用できなくなってしまう状況を想像してください。

事実、多くの事業者が、ある日突然、他人に自社の商品名やサービス名を勝手に商標登録されてしまい、使用できなくなるという事態に直面しています。例えば、競合他社、あなたの会社の退職者、過去にあなたとトラブルになった者が、あなたの商品名やサービス名について勝手に商標登録し大切な『ネーミング』を横取りしてしまうかもしれません。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

あなたが最初に思いついたネーミングでも、登録要件を満たしていればあなた以外の第三者がそのネーミングを商標登録できます。第三者が商標登録すると、あなたはそのネーミングを使えなくなるだけではなく、あなた自身が商標権の侵害者として事業の差し止め、損害賠償請求などの民事上の責任、場合によっては刑事上の責任に問われることがあり、大変悔しい思いをします。

このような状況を避けるためには、自社の製品やサービスの名称について、なるべく早期に商標登録を申請することが求められます。商標登録は自分自身で行うこともできますが、特許庁への手続き方法は複雑であるため時間と手間がかかります。また、適切な商品やサービスを指定しなければせっかくの申請が無駄になってしまいます。最近では知的財産権の手続きに伴う「炎上」なども頻繁に発生しており、専門家の力を借りるのが安全といえます。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

会社名、製品やサービスのネーミングは、商標登録することにより第三者による商標登録および商標権侵害を避けることができます。自分自身のブランドを守るには商標登録を受ける以外の方法はありません。商標登録を受けるには特許庁への商標出願が必要ですが、商標出願の登録率は8〜9割以上であり、商標登録を受けることは難しいことではありません。

しかし、一般的な特許事務所へ依頼すると1件あたり20万円から30万円程度の高額な費用がかかってしまいます。一方、近年、人工知能技術を利用することにより費用を抑えつつ、短期間で商標出願し権利化できる「AI商標出願サービス」が注目されています。日本国内の全出願件数の1〜2割を占めるようになりつつあります(日本経済新聞「商標登録お助け事務所,登録件数が多いのはAI連携組」)

AI商標出願サービスでは5万円から10万円程度のリーズナブルな費用で商標を取得できます。AI商標出願サービスへは、以下の「商標登録の相談はこちら」から「無料」で「1分程度」で手軽に相談を始めることができます。是非、ご利用ください。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

何らかのビジネスを行う上で商標登録を受けることは一般常識といえます。知財の専門家である弁理士に依頼すればとても簡単に商標を取得することができます。近年では、IT技術、人工知能技術を活用することによりリーズナブルな価格で商標出願を提供するサービスも増えてきています。専門家を賢く利用し、ビジネスを上手に守りましょう。
特許読解支援アシスタント・サマリア
特許読解支援アシスタント・サマリア

商標(商標出願・登録商標)の概要

日本ライフライン株式会社の過去1年間の商標出願件数は、公開商標公報が8件、登録商標公報が7件です。 日本ライフライン株式会社の過去3年間の商標出願件数は、公開商標公報が9件、登録商標公報が16件です。

過去3年間(2020-2023年)の出願件数
公報種別 件数
公開商標公報 9
登録商標公報 16

日本ライフライン株式会社の過去5年間(2017〜2022年)の商標(商標出願・登録商標)の出願件数は減少傾向です。商標件数推移を確認することにより、日本ライフライン株式会社の商標出願活動のアクティビティを確認することができます。

過去5年間(2017-2022年)の出願件数推移
件数 前年比
2022 5 0.0 %
2021 5 0.0 %
2020 5 -16.7 %
2019 6 -14.3 %
2018 7 -41.7 %

商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の概要は、以下の通りです。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

「日本ライフライン株式会社」が保有している商標権や、「日本ライフライン株式会社」がどのような商品やサービスに対して商標出願を行っているのか確認できます。企業は、商標(ネーミングやロゴ等)を積極的にを使用することにより、消費者に対して自社の商品やサービスを魅力的にアピールしブランドイメージを高めることができます。

などの称呼(呼称)・ネーミングを有する商標が多いです。

特許読解支援アシスタント・サマリア
特許読解支援アシスタント・サマリア
ブランドテラスとは

ブランドテラスは、知的財産の専門家である「弁理士」の監修のもと、日本国特許庁が発行する最新の公開商標公報・登録商標公報を用いて、商標に関する情報を広く一般の方々に提供することを目的とした国内最大規模の商標情報サービスです。

ブランドテラスに掲載されている情報は、商用・非商用問わず、無料で様々な用途に活用することができます。 自身のビジネスの商品、サービスのネーミング、商標出願、商標申請の際の参考情報としてご利用ください。

商標(商標出願・登録商標)

商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)は以下の通りです(商標出願番号の降順に並べています)。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

「日本ライフライン株式会社」がどのような商標出願をしているのか確認してみましょう。「日本ライフライン株式会社」がどのような商標出願をしているのかは、自社が商標出願する際に参考になる情報です。
1〜10件目 (全 275 件中)
番号 商標画像 概要
商願2023-082507
出願 2023-07-25
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第10類
商願2023-045731
出願 2023-04-26
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第10類
商願2023-045730
出願 2023-04-26
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第10類
商願2023-045729
出願 2023-04-26
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第10類
商願2023-045728
出願 2023-04-26
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第10類
商願2023-045727
出願 2023-04-26
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第10類
商願2023-037231
出願 2023-04-06
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第35類、第37類、第41類、第42類、第44類
商願2023-026417
出願 2023-03-13
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第10類
登録6731999
出願 2023-03-13
登録 2023-08-31
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第10類
称呼(呼称)・ネーミング フローズニックスパーシャルイイテイ、フローズニックスパーシャル、フローズニックス、パーシャル
文字商標 FROZENIXPARTIALET
登録6738632
出願 2023-03-07
登録 2023-09-22
商標画像 商標権者・商標出願人 日本ライフライン株式会社
商標区分 第35類、第37類、第41類、第42類、第44類
称呼(呼称)・ネーミング ジェイエルエルプラス、ジェイエルエル、プラス
文字商標 JLLPLUS
1〜10件目 (全 275 件中)
{{params['results_list'].pobj.start + 1}}〜{{params['results_list'].pobj.end}}件目 (全 {{params['results_list'].pobj.numFound}} 件中)
番号 商標画像・音声等 概要
{{item.no}}
出願 {{item.ap_dt | date}}
{{params['results_list'].pobj.start + 1}}〜{{params['results_list'].pobj.end}}件目 (全 {{params['results_list'].pobj.numFound}} 件中)

指定商品・指定役務(サービス)

商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、代表的な指定商品・指定役務(サービス)ごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

「日本ライフライン株式会社」がどのような商品やサービスに対して商標出願をしているのか確認してみましょう。「日本ライフライン株式会社」が商標出願の際に指定した商品やサービスは、自社が商標出願する際の指定商品、指定役務の参考にすることができます。

第10類 医療器具 (249 件)

商標区分「 第10類 医療器具 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

指定商品・指定役務(サービス)一覧 (直近3年)
指定商品・指定役務(サービス) 件数
医療用機械器具 23
しびん 7
業務用美容マッサージ器 7
病人用差込み便器 7
睡眠用耳栓 7
避妊用具 7
防音用耳栓 7
人工鼓膜用材料 6
医療用手袋 6
家庭用電気マッサージ器 6
指定商品・指定役務(サービス)一覧 (全期間)
指定商品・指定役務(サービス) 件数
医療用機械器具 228
おしゃぶり 86
スポイト 86
三角きん 86
乳首 86
吸い飲み 86
手術用キャットガット 86
支持包帯 86
氷のう 86
氷のうつり 86

第35類 広告、事業、卸売 (15 件)

商標区分「 第35類 広告、事業、卸売 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第37類 建設、工事、修理 (11 件)

商標区分「 第37類 建設、工事、修理 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第44類 医療、美容、農林 (10 件)

商標区分「 第44類 医療、美容、農林 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

指定商品・指定役務(サービス)一覧 (全期間)
指定商品・指定役務(サービス) 件数
医療用機械器具の修理又は保守 10
医療情報の提供 8
医療用機械器具の貸与 8
あん摩・マッサージ及び指圧 6
きゅう 6
はり 6
カイロプラクティック 6
介護 6
健康診断 6
動物の治療 6

第9類 電気制御用の機械器具 (8 件)

商標区分「 第9類 電気制御用の機械器具 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

指定商品・指定役務(サービス)一覧 (全期間)
指定商品・指定役務(サービス) 件数
測定機械器具 6
電気通信機械器具 6
理化学機械器具 5
電子応用機械器具及びその部品 5
救命用具 4
スマートフォン 3
腕時計型携帯情報端末 3
電池 3
電線及びケーブル 3
おしゃぶり 2

第1類 化学品 (6 件)

商標区分「 第1類 化学品 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

指定商品・指定役務(サービス)一覧 (全期間)
指定商品・指定役務(サービス) 件数
化学品 6
医療用機械器具 6
原料プラスチック 6

第42類 調査、分析、設計、開発 (6 件)

商標区分「 第42類 調査、分析、設計、開発 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第3類 洗浄剤、化粧品 (2 件)

商標区分「 第3類 洗浄剤、化粧品 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

指定商品・指定役務(サービス)一覧 (全期間)
指定商品・指定役務(サービス) 件数
おしゃぶり 2
せっけん類 2
ばんそうこう 2
オブラート 2
カプセル 2
ガーゼ 2
サプリメント 2
スポイト 2
ナノファイバー製造機械器具 2
プラスチック加工機械器具 2

第36類 金融、保険、不動産 (2 件)

商標区分「 第36類 金融、保険、不動産 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第41類 教育、娯楽、スポーツ、文化 (2 件)

商標区分「 第41類 教育、娯楽、スポーツ、文化 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第43類 飲食、宿泊 (2 件)

商標区分「 第43類 飲食、宿泊 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

指定商品・指定役務(サービス)一覧 (全期間)
指定商品・指定役務(サービス) 件数
おしぼりの貸与 2
まくらの貸与 2
タオルの貸与 2
会議室の貸与 2
保育所における乳幼児の保育 2
宿泊施設の提供 2
展示施設の貸与 2
布団の貸与 2
毛布の貸与 2
飲食物の提供 2

第5類 薬剤 (2 件)

商標区分「 第5類 薬剤 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

指定商品・指定役務(サービス)一覧 (全期間)
指定商品・指定役務(サービス) 件数
おしゃぶり 2
せっけん類 2
ばんそうこう 2
オブラート 2
カプセル 2
ガーゼ 2
サプリメント 2
スポイト 2
ナノファイバー製造機械器具 2
プラスチック加工機械器具 2

第7類 工作機械、原動機 (2 件)

商標区分「 第7類 工作機械、原動機 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

指定商品・指定役務(サービス)一覧 (全期間)
指定商品・指定役務(サービス) 件数
おしゃぶり 2
せっけん類 2
ばんそうこう 2
オブラート 2
カプセル 2
ガーゼ 2
サプリメント 2
スポイト 2
ナノファイバー製造機械器具 2
プラスチック加工機械器具 2

類似群コード

商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、代表的な類似群コードごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

「日本ライフライン株式会社」がどのような商品やサービスに対して商標出願をしているのか確認してみましょう。「日本ライフライン株式会社」が商標出願の際に指定した商品やサービスは、自社が商標出願する際の指定商品、指定役務の参考にすることができます。

第10類 医療器具 (249 件)

商標区分「 第10類 医療器具 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第35類 広告、事業、卸売 (15 件)

商標区分「 第35類 広告、事業、卸売 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第37類 建設、工事、修理 (11 件)

商標区分「 第37類 建設、工事、修理 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第44類 医療、美容、農林 (10 件)

商標区分「 第44類 医療、美容、農林 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第9類 電気制御用の機械器具 (8 件)

商標区分「 第9類 電気制御用の機械器具 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第1類 化学品 (6 件)

商標区分「 第1類 化学品 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第42類 調査、分析、設計、開発 (6 件)

商標区分「 第42類 調査、分析、設計、開発 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第3類 洗浄剤、化粧品 (2 件)

商標区分「 第3類 洗浄剤、化粧品 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第36類 金融、保険、不動産 (2 件)

商標区分「 第36類 金融、保険、不動産 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第41類 教育、娯楽、スポーツ、文化 (2 件)

商標区分「 第41類 教育、娯楽、スポーツ、文化 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第43類 飲食、宿泊 (2 件)

商標区分「 第43類 飲食、宿泊 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第5類 薬剤 (2 件)

商標区分「 第5類 薬剤 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

第7類 工作機械、原動機 (2 件)

商標区分「 第7類 工作機械、原動機 」における商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

称呼(呼称)・ネーミング

商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、代表的な称呼(呼称)・ネーミングごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

「日本ライフライン株式会社」がどのようなネーミングに対して商標出願をしているのか確認してみましょう。自社が商標出願しようとしているネーミングと類似しないか確認してみましょう。
称呼(呼称)・ネーミング一覧 (直近3年)
称呼(呼称)・ネーミング 件数
シーピーレスキュー 2
アアルイイエス 1
イイパス 1
ウエー 1
エイアイブイ 1
エックスウエー 1
エックスレンダー 1
エパス 1
カブル 1
カブルアイテイ 1
称呼(呼称)・ネーミング一覧 (全期間)
称呼(呼称)・ネーミング 件数
アスリート 18
ライフライン 15
ジェイエルエル 10
ニッポンライフライン 7
ジャパンライフライン 6
グラフト 5
ライン 5
カス 4
キャス 4
ジェイカス 4

文字商標

商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、代表的な文字商標ごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

「日本ライフライン株式会社」がどのような文字商標に対して商標出願をしているのか確認してみましょう。自社が商標出願しようとしている文字商標と類似しないか確認してみましょう。

弁理士・特許事務所

商標権者・商標出願人「日本ライフライン株式会社」が保有する、代表的な弁理士・特許事務所ごとの、商標(商標出願・登録商標)の件数は以下の通りです。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

「日本ライフライン株式会社」が、どのような弁理士・特許事務所へ商標出願を依頼しているのか確認してみましょう。「日本ライフライン株式会社」がどのような事務所(規模、地域等)に依頼しているのかは、自社が商標出願する際に参考になる情報です。
弁理士・特許事務所一覧 (直近3年)
弁理士・特許事務所 件数
▲吉▼田和彦 18
中村稔 18
井滝裕敬 18
北原絵梨子 18
田中伸一郎 18
相良由里子 18
藤倉大作 18
猪狩充 7
松尾和子 3
弁理士・特許事務所一覧 (全期間)
弁理士・特許事務所 件数
猪狩充 87
谷山守 69
福村直樹 66
▲吉▼田和彦 18
中村稔 18
井滝裕敬 18
北原絵梨子 18
田中伸一郎 18
相良由里子 18
藤倉大作 18

商標権を取得する

商標登録は早いもの勝ちです

商標は、商品やサービスのブランドを強化する重要なシンボルです。しかし、知財(知的財産)に詳しくない方々に意外な事実が一つあります。それは「商標登録は、原則、早いもの勝ち」ということです。例えば、ある商品やサービスの名称を何十年も前から使用していても、他人が商標登録してしまうとその名称を使用できなくなってしまいます。長年愛用してきた『ネーミング』が、突如使用できなくなってしまう状況を想像してください。

事実、多くの事業者が、ある日突然、他人に自社の商品名やサービス名を勝手に商標登録されてしまい、使用できなくなるという事態に直面しています。例えば、競合他社、あなたの会社の退職者、過去にあなたとトラブルになった者が、あなたの商品名やサービス名について勝手に商標登録し大切な『ネーミング』を横取りしてしまうかもしれません。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

あなたが最初に思いついたネーミングでも、登録要件を満たしていればあなた以外の第三者がそのネーミングを商標登録できます。第三者が商標登録すると、あなたはそのネーミングを使えなくなるだけではなく、あなた自身が商標権の侵害者として事業の差し止め、損害賠償請求などの民事上の責任、場合によっては刑事上の責任に問われることがあり、大変悔しい思いをします。

このような状況を避けるためには、自社の製品やサービスの名称について、なるべく早期に商標登録を申請することが求められます。商標登録は自分自身で行うこともできますが、特許庁への手続き方法は複雑であるため時間と手間がかかります。また、適切な商品やサービスを指定しなければせっかくの申請が無駄になってしまいます。最近では知的財産権の手続きに伴う「炎上」なども頻繁に発生しており、専門家の力を借りるのが安全といえます。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

会社名、製品やサービスのネーミングは、商標登録することにより第三者による商標登録および商標権侵害を避けることができます。自分自身のブランドを守るには商標登録を受ける以外の方法はありません。商標登録を受けるには特許庁への商標出願が必要ですが、商標出願の登録率は8〜9割以上であり、商標登録を受けることは難しいことではありません。

しかし、一般的な特許事務所へ依頼すると1件あたり20万円から30万円程度の高額な費用がかかってしまいます。一方、近年、人工知能技術を利用することにより費用を抑えつつ、短期間で商標出願し権利化できる「AI商標出願サービス」が注目されています。日本国内の全出願件数の1〜2割を占めるようになりつつあります(日本経済新聞「商標登録お助け事務所,登録件数が多いのはAI連携組」)

AI商標出願サービスでは5万円から10万円程度のリーズナブルな費用で商標を取得できます。AI商標出願サービスへは、以下の「商標登録の相談はこちら」から「無料」で「1分程度」で手軽に相談を始めることができます。是非、ご利用ください。

記事監修:大瀬 佳之

弁理士

大瀬 佳之のコメント

何らかのビジネスを行う上で商標登録を受けることは一般常識といえます。知財の専門家である弁理士に依頼すればとても簡単に商標を取得することができます。近年では、IT技術、人工知能技術を活用することによりリーズナブルな価格で商標出願を提供するサービスも増えてきています。専門家を賢く利用し、ビジネスを上手に守りましょう。

メディア(新聞、雑誌等)への商標情報提供

『ブランドテラス』は、知的財産権の専門家である弁理士が経営する「パテント・インテグレーション株式会社」が提供する、最新の商標データに基づき、様々な企業、エリア、商標区分等の商標(商標出願・登録商標)情報を提供する国内最大規模の商標情報サービスです。

本ウェブサービスは、知的財産権への関心有無に関わらず、多くの方々に知財情報を身近に感じて頂き、活用いただくことを目的としています。

弊社では、新聞、雑誌、ウェブメディア等の様々なメディアの各種記事において活用できる各種商標情報の提供を積極的に行っております。 提供可能な商標情報の内容、提供条件等についてはお気軽に『お問い合わせフォーム』からお問い合わせください。

コンテンツについて

データ、文書、図表類に関する権利は全て「統合特許検索・分析サービス パテント・インテグレーション」に帰属します。 社内資料、社外報告資料等(有償・無償問わず)に掲載する際は出典「ブランドテラス, URL: https://patent-i.com/tm/」を明記の上、ご利用ください。

商標データは最新の特許庁発行の商標データに基づき集計・解析・分析を行っています。 掲載・分析結果については十分気をつけておりますが、データの正否については保証していません。 ご理解の上、ご利用をお願いいたします。

商標データは全て特許庁発行の公開データに基づいており、掲載内容は特許庁サイトで公開されている商標公報等と同等の内容です。 公報情報は、特許庁「公報に関して」に記載されている通り、権利者が独占排他的な権利を求める手続きを行うかわりに広く公示されるべきものです。

ブランドテラスにおける掲載基準は、特許庁サイト(JPlatPat)での閲覧可否に応じて判断しております。 特許庁サイトにて非公開とされている情報は、弊社も非公開とする場合がございます。

一方、特許庁サイトにて閲覧可能な情報は通常、掲載にあたり法的な問題(名誉毀損等)がなく表現の自由の範囲内と考えられることから削除依頼等には応じておりません。 なお、商標出願人は、商標情報が公開される前提を理解した上で、自分自身の意思により商標出願を行っていると考えると、商標情報を掲載するにあたり法的な問題は通常存在しないと考えられます。 また、記事を削除してしまうと、商標情報の調査、閲覧を希望するユーザの『知る権利』を害することとなり、閲覧者に不利益が生じてしまうためです。

なお、個人の氏名等の個人情報等の削除を含む情報削除に関するお問い合わせは「削除申請フォーム」より必要事項を記載し、送信してください。 その他、本サービスについてお気づきの点がございましたら、「お問い合わせ」よりお気軽にお知らせください。

安心・安全への取り組み

特許庁 ブランドテラスは、特許庁より収集された、200万件以上の最新の商標データに基づき、品質の高い商標情報の提供に取り組んでいます。
信頼できる商標情報 ブランドテラスは、誰もが安心して商標情報を調べられるように、特許庁より商標データを収集し、レポート形式で広く提供しています。
情報の信頼性 ブランドテラスは、情報の信頼性を高め、ユーザのみなさまに安心して商標情報をお調べいただけるよう、様々な取組みを行なっています。

運営会社

運営会社 パテント・インテグレーション株式会社
サービス 特許庁発行の過去20年、約300万件の商標データを収録した、国内最大規模の商標情報サービス『ブランドテラス』の提供
所在地 東京都千代田区九段南1-5-6りそな九段ビル5F
お問い合せ 本サービスは商標権等の知的財産権に関する情報を提供するサービスです。
個別商品、サービスについては提供元へお問い合わせください。 弊社へお問い合わせいただいても一切回答できません
お問い合わせフォーム
サービス開始 2022年4月
ミッション 専門的な「商標情報」をわかりやすく広く一般の方々に伝えること
ブランドテラス サービス