検索結果のスクリーニング


高度な特許検索(二次検索)では、 高度な特許検索(一次検索)にて作成した特許検索結果を対象としてさまざまな条件を使って虫食い状に二次検索を行いました。特許文書は難解なため、二次検索途中に気になった特許文書を検索途中に逐一精査するのではなく、気になった特許文書にとりあえず「しるし」を付けておいて、「しるし」を付けた特許文書を後でまとめて精査したいと普通は考えるでしょう。

そのような作業は「スクリーニング作業」とよばれます。パテント・インテグレーションではしおり、メモ、レーティングと、ユーザが任意に作成することのできるブックマークを各特許文献に付与することにより簡単にスクリーニング作業を進めることができます。

メモ、レーティング、ブックマークを付与した特許文献は、 パテントポートフォリオによる特許管理で一覧することができます。

しおり機能を使ったスクリーニング

「しおり」を設定することにより、簡単にスクリーニングを行うことができます。ただし、各特許文献に付与された「しおり」は、しおりを付与した特許検索結果の中でのみ有効であり、他の検索結果に含まれている特許文献のしおりには反映されません(しおりは検索結果毎のローカルな属性です)。

一方、メモ、レーティング、ブックマークが付与された特許文献は、あらゆる特許検索結果において同じメモ・レーティング・ブックマークがそのまま維持されフィルタなどにも活用することができます(メモ・レーティング・ブックマークはグローバルな属性です)。

しおりはさまざまなシーンで特許文献に付与することができます。たとえば、特許抄録の表示においてしおりを設定することができます。

右クリックで表示されるメニューからもしおりを簡単に設定することができます。

しおりを設定した後は、フィルタ機能を使ってしおりが付与された特許文献のみピックアップすることができます。

特許検索方法 入門編

特許検索方法 初級編

特許検索機能(特許データベース)

特許分析機能