特許分類の特定 その3


予備検索

特許分類を特定するために、まずは、 かんたん特許検索で適当なキーワードを用いて特許を検索します(予備検索)。

特許分類の特定

今回の方法では、予備検索結果をテキストマイニングにより可視化し、クラスタに付与された特許分類を集計することにより「 特許分類の特定 その2」に比べより網羅的に特許分類を特定することができます。

予備検索で作成した 特許検索結果コントロールから「 特許テキストマイニングによる特許分析」を選択します。

すると、予備検索結果が文書類似度に基づき可視化されます。

今回の検索目標と関連性が高い特許群を特定できたら、シフトキーを押しながらマウスのドラッグ&ドロップでまとめて選択します。

特許文献を選択したら、右クリックで表示されるメニューから「候補」を選択し、選択された特許文献すべてに「候補」しおりを設定します。

しおりを設定したら、左上に配置された「 特許分類表」ボタンをクリックします。

特許分類表画面が開き、しおりを設定した特許文献に付与した特許分類が集計されます。

特許分類がどの特許文献をカバーしているのか確認しながら、適切な特許分類および特許分類階層を探します。

適切な特許分類を見つけた場合は、「本」アイコンをクリックし 特許分類表へ特許分類を保存します。

特許検索方法 入門編

特許検索方法 初級編

特許検索機能(特許データベース)

特許分析機能