高度な特許検索(一次検索)


特許分類の特定方法は下記チュートリアルを参照ください。

【特許分類の特定方法は下記チュートリアルを参照してください】

特定された特許分類を用いて特許検索を行う場合は、「 高度な特許検索」を利用します。まず、 かんたん特許検索から画面を切り替えるために「高度な検索」ボタンをクリックします。

すると、高度な特許検索画面が表示されます。次に、「分類書庫」ボタンをクリックして「 特許分類表」を開きます。

特許分類書庫には保存した特許分類が格納されています。格納されている特許分類左側の緑色のチェックマークをクリックすることにより検索式へ特許分類を反映させることができます。

検索条件が入力されました。「検索」ボタンをクリックすると特許検索結果が作成されました。

通常の特許検索の感覚では検索結果が大きすぎる気もしますが、パテント・インテグレーションは強力な二次検索機能を備えているため一次検索で大きな特許検索結果を作成しても問題はありません。

作成した特許検索結果の絞り込み(二次検索)は「 高度な特許検索(二次検索)」で紹介します。

特許検索方法 入門編

特許検索方法 初級編

特許検索機能(特許データベース)

特許分析機能